新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

桜を見る会にヤクザも参加か 反社会勢力の参加で国会追及!元山口組組員に招待も・・・


安倍首相が主催している桜を見る会について、新たな疑惑が浮上しています。

問題となっているのは元山口組傘下組織の組員がフェイスブックにアップした安倍首相や昭恵夫人とのツーショット写真です。この写真は桜を見る会で撮影されたもので、写真に写っていた新澤町議はメディアの取材に事実関係を認めるコメントもしています。

さらには他にも複数の反社会勢力メンバーと思われる人たちも参加した痕跡が見られ、11月21日の国会では野党からも追及を受けました。

菅官房長官はこのような参加者に関して、「個々の招待者の参加は承知していないが、出席者の一部について、さまざまな指摘がある。本人確認、セキュリティーの向上策については、今後の全般的な見直しの中で必要な対応をしていきたい」と述べ、今後のセキュリティーを改善することで対応するとしています。

ただ、桜を見る会は原則として内閣府が招待を送っているだけに、「安倍政権との関係があるのでは?」と指摘する声が多く、疑念が深まるばかりだと言えるでしょう。

 

安倍晋三総理主催「桜を見る会」 元山口組組員まで招待されていた
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191122-00000003-friday-pol

「新澤良文(52)という男です。奈良県にある高取町の町議ですが、元々は山口組傘下組織の組員なんですよ。しかも、前科まである。そんな男が、堂々と『桜を見る会』に参加し、首相や夫人とツーショット写真を撮影。それを自分のフェイスブックに投稿して自慢までしているんだから驚きです」(神戸山口組関係者)

「桜を見る会」は、安倍晋三首相(65)による地元後援者の招待が問題とされ、野党から「税金の私物化」と激しく追及されている。そこに〝反社会的な人物〟まで呼んでいたとすればさらなる批判は免れないが、本当に元暴力団組員が参加していたのか。

「桜を見る会」反社会的勢力も参加か 官房長官 改善図る考え
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191121/k10012185901000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

総理大臣主催の「桜を見る会」について、菅官房長官は参議院内閣委員会で反社会的勢力と見られる人物などが参加していると指摘されていることに対し、今後の見直しで本人確認の徹底などセキュリティー面の改善を図る考えを示しました。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!