新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

2019年の新語・流行語大賞は「ONETEAM(ワンチーム)」に!トップテンは計画運休・軽減税率・タピる・令和など

12月2日に2019年の流行語大賞が発表されました。

ユーキャンによると、2019年の流行語大賞は日本中を盛り上げたとして、ラグビー日本代表のスローガンとなった「ONETEAM(ワンチーム)」が選ばれたとのことです。
トップ10には計画運休や軽減税率、スマイリングシンデレラ/しぶこ、タピる、#KuToo、◯◯ペイ、免許返納、闇営、令和が選出されていました。

年間大賞となった「ONETEAM」はラグビー日本代表チームが掲げたことで、学校や職場などでも使われることが増え、団体行動を呼び掛ける際のキャッチフレーズとして使う人が多かった印象があると言えます。
トップテンには入りませんでしたが、他にも上級国民やれいわ新選組、ポエム/セクシー発言、笑わない男、ドラクエウォークなども流行語の候補になっていました。

 

流行語大賞 ONE TEAMh
ttps://www.jiyu.co.jp/singo/

ラグビー日本代表チーム さん
「4年に一度じゃない。一生に一度だ。」の公式キャッチフレーズで始まったラグビーワールドカップ2019日本大会。日本代表チームは開幕戦のロシアに勝利すると、アイルランド、サモアそしてスコットランドを撃破、予選プール4連勝で日本ラグビー史上初の決勝トーナメント進出を決めた。日本代表の快進撃と1個のボールを取り合う面白さは多くの人々を虜にした。テレビの視聴率はうなぎ上り、日本代表のレプリカジャージは完売し、ラグビーを始める子どもたちも急増したという。その熱狂の源となった日本代表を率いるジェイミー・ジョセフヘッドコーチが掲げたテーマが「ONE TEAM」である。ジョセフはチームに必要な選手たちを国籍問わず招集し、31人の代表選手を選んだ。どんな強豪チームでも選手たちの思い、心が一つにならなければチームとして機能しない。7カ国15人の海外出身選手を含む31人はリーチマイケル主将を中心に桜の戦士ONE TEAMとして結束し、快進撃を続けた。ONE TEAMは、世界に広がりつつある排外的な空気に対する明確なカウンターメッセージであるとともに、近い将来、移民を受け入れざるを得ない日本の在り方を示唆するものとなった。それは安倍総理にもしっかりと伝わったと信じたい。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!