新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

桜を見る会の来場者数、安倍政権で激増していた!1万人以上は50年間で2度だけ!第二次安倍内閣は最大規模

*官邸
首相が主催している「桜を見る会」について、過去の参加人数が判明しました。

これは中国新聞社がまとめたもので、1953~2005年の来場者数が書かれた公文書が国立公文書館つくば分館で発見され、第二次安倍内閣は過去に例がないほどに参加人数が急増していたことが裏付けられたと報じられています。
参加人数が1万人を超えたのは52年間で僅かに2回だけで、最多は1999年の1万1206人でした。

2019年の桜を見る会には約1万8200人が参加していることから、過去最多の数字を大きく超えていることが分かります。少ない順だと鳩山一郎元首相の666人や吉田茂元首相の980人が並び、明らかに安倍政権の数字は断トツで大きいです。

桜を見る会問題の発端は増え続けている予算と参加者への追及であり、改めて安倍政権の異常性が浮き彫りになったと言えるでしょう。

 

桜を見る会の来場者、第2次安倍政権で急増 1953~2005年は小規模 1万人超え2度だけ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191228-00010002-chugoku-pol

 首相主催の「桜を見る会」を巡り、1953~2005年の来場者数が書かれた公文書が、国立公文書館つくば分館(茨城県つくば市)に保管されていることが分かった。1万人を超えたのは2度だけで、最多は99年の1万1206人。安倍晋三首相(山口4区)が主催し、政府が来場者数を公表している2014~19年より小規模だったことが裏付けられた。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!