ヘッドライン

【話題】コンビニ弁当などに入っている「半熟卵」、実は加工品だった!半熟卵風の別物!「初めて知った」

コンビニ弁当やコンビニパスタなどに入っている半熟卵が実は本物ではなかったと話題になっています。

話題になっているのはコンビニでよく見かける半熟卵で、ネット上だと「この半熟卵を熱すると変な溶け方をする」として注目を集めていました。普通の卵は熱を加えると固くなりますが、なんとコンビニ弁当の半熟卵はドロドロに溶けてしまうのです。
この様子を撮影した画像のツイートは1万回以上もリツイートされ、「卵だと思っていたら違うもの」「なんだコレ」と話題になりました。

あまり知られていませんが、これは生卵のように見せた卵加工品であり、温めると卵黄風のソースが広がるという仕組みになっています。体に有害な食品や添加物はほぼ使われていませんが、普通の卵とは色々と異なっているため、知らない人が見たらビックリしてしまうのは仕方がないと言えるでしょう。

実はコンビニ弁当や大量生産された食品には同じような物が結構あり、コーヒーミルクとかも「ミルク風の砂糖液」みたいな感じで売られていることがあります。近年の食品加工技術の発展は凄まじく、化学物質の組み合わせだけで全ての食品の味を再現できると言われているほどです。
やや疑心暗鬼になってしまいますが、このような一面も現代社会にはあると再認識する良いキッカケになるかもしれません。

 

コンビニでよく見かける“生卵“の正体がSNSで話題 「本物の卵だと思ってた…」と驚きの声
https://times.abema.tv/posts/7037088

 

 

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    本物も日本の卵は昔のものとは別物
    『日本人だけが知らない「食用卵」のアブない実態』2018.2.9 現代ビジネス
    「生まれてすぐにあらゆる種類のワクチンが打たれる。その数25種類ほど。雛の間は抗生物質、合成抗菌剤も主に飼料添加物として投与される。2015年は16種類の抗生物質、合成抗菌剤が使用されている。このワクチンと抗菌剤がなければとても生き残れないのだろう。
    さらに、砂浴びで寄生虫を落とすことができないため、月に一度、殺虫剤を体中に噴射され、びしょ濡れになる。体が冷えるし、ショックで死んでしまう鶏もいる。殺虫剤がかかった卵を出荷する農家もある。」

  • 匿名 より:

    またわかっているふりして「俺は卵は食べていない」自慢が始まるんだろうね。

  • 匿名 より:

    ???「この卵は出来損ないだ!食べられないよ」

  • 匿名 より:

    本物の卵もゲージに入れられてストレスをため込んだ鶏の卵だから、リスクは高い。
    やっぱり平飼いが一番。

  • 匿名 より:

    「スノーマン きみぷち」で検索すると原材料名の詳細あります。

  • ロハスな人 より:

     調理もする立場から言えば、半熟卵は当たると酷い食中毒の原因になるので、弁当には怖くて入れられません。
     コンビニ弁当に半熟卵類似食品が使われるのは仕方ないことでしょう。
    ※類似食品がどの程度安全か、という話にはなるでしょうね。
     コンビニ弁当に限らず、例えば『減塩食品』には塩を減らす代わりに『謎の調味料(苦笑)』を入れるので、どちらが健康にいいかは難しいのですよね。

  • 匿名 より:

    いまさらです。便利さや企業売り上げだけを優先させた政策のツケがようやく今頃になって出てきただけ。健康を考える大切さを第一に考えない金だけ主義の真実です。添加物等、それは酷いもので溢れているのですから。政権交代してリセットしましょうよいい加減

  • 匿名 より:

    コンビニ食品で気になっているのは「二酸化チタン」、甘い食品に多い白色着色料。
    「発がん性の疑いあり」に加え、腸に付着して機能を阻害、
    身体に必要な栄養素を吸収できなくなっていく。
    腸のバリアを弱くする。
    腸の炎症の原因になる。
    病原体に対して腸の免疫機能が落ちる。
    研究者「二酸化チタンは多くの食品に含有されています。それは摂取しても死ぬことはない。でも、ゆっくりと腸の機能を損ねていきます。」

  • 匿名 より:

    何を今更
    ┓( ̄∇ ̄;)┏

    全て消費者側からの要望に応えた結果が現状だというのに
    農薬も抗生物質も遺伝子組み換えも

    やはり、この世界は
    HOROBU
    べきなんだろうな

  • 匿名 より:

    > 添加物等、それは酷いもので溢れているのですから。
    何故 添加物=体に悪い みたいな思い込みがあるのか理解できないんだけど、具体的にコンビニ弁当とかに使われてる添加物でエセ科学でなく科学的に悪影響が証明されている添加物を挙げてみてよ。
    また、それを使うことと使わないことのどちらの方がリスクが高いかも含めてね(この件の卵黄みたいに)

  • 匿名 より:

    随分前から、中国では普通に卵液という、卵を人工的に作った物が流通していて、中国食品てホント怖〜い、と思っていましたが、日本でも使われているとは…

    以前知り合った、コンビニにお弁当などを卸している会社の社員さんが、コンビニ弁当は食べちゃダメ、と言っていましたが、こういう事だったのですね(汗

  • 匿名 より:

    > 2:14
    具体的にコンビニ弁当とかに使われてる添加物でエセ科学でなく科学的に悪影響が証明されている添加物を挙げてみてよ

    自分で調べろよ。
    ネット検索すれば、いくらでも出てくるだろ。
    どうせ親切に資料たりうるものを貼っても、ぐちゃぐちゃ因縁つけて絡むだけなのは目に見えてる 笑
    ま、君みたいな人間は、気にせず三食コンビニ弁当食え。

  • 匿名 より:

    〉2:14
    コイツにいわせれば5Gも無害なんだろうな。

    逆に現代は「2人に1人はがん」と言われるようになった理由を知りたいよ。

  • とくめー より:

    2020年1月15日 12:00 PM
    横からですまんが、ガンになった原因は一番は寿命の長期化だよ
    ガンというのは突然発生するわけではなく、体内に常に存在している癌細胞が溜まっていったり、大きなものが駆除できなかったりしたときに悪性の細胞として腫瘍になるものだ。
    あともう一つは食生活の変化。世界的に食べるものが均一化されていっている現代では、様々な食品が出回る分、体内に吸収される栄養素も変わっていっているから。

  • 匿名 より:

    >横からですまんが、ガンになった原因は一番は寿命の長期化だよ
    これも気になります。
    小児がんは世界的に増加傾向:IICC-3研究からの報告 The Lancet Oncology 2017.6
    胎児性癌 診断の手引き – 小児慢性特定疾病情報センター
    胎児性白血病の発症・進展・自然治癒と造血微小環境の関連に関する研究-東京歯科大学

  • 匿名 より:

    まあ中国では髪の毛から醬油を取ったり、下水道の垢から食用油絞ったりしているのに比べるとまだ罪は軽いよね。

  • 匿名 より:

    感染症予防には健全な腸内細菌叢が極めて重要と言われているけれど、保存料は細菌の繁殖を防ぐと同時に大事な腸内細菌もやっつけてしまうのだとか。
    腸内バリアが手薄になりそうなので、ウイルスが話題の時期はコンビニ弁当は食べない。
    内部被曝すると大腸菌ばかりが増殖するという研究があるから、お腹の環境は大事。

  • 匿名 より:

    腸内で「大腸菌一人勝ち」で起きるガンもある。
    バランスのいい腸内細菌叢を育成すべし。
    「腸に住んでいるある平凡な細菌によって大腸がんは引き起こされる!」Science. 2012 Oct 5

  • 匿名 より:

    逆に安心しました
    有難うございます

  • 匿名 より:

    レンジでチンすると、植物油脂だからトランス脂肪酸ができる。
    『コンビニ弁当の温め過ぎは「老け」を早める?』ダイヤモンド・オンライン
    “マイクロウェーブは食品の中の糖にも影響を及ぼし、糖を劣化させ、「終末糖化産物」を作りだす結果となってしまうのだ。…惣菜などに含まれている油にも反応しやすいため、唐揚げなどの揚げ物やカレー、シチューなど油が多い食品を電子レンジで温めると、油が劣化し、「トランス脂肪酸」(悪玉コレステロールを増やし、動脈硬化や脳梗塞のリスクを上げる油)を増やすともいわれている。”

  • 匿名 より:

    そりゃあ、食中毒の心配もあるけど、レンチンしたら普通の卵なら固まって半熟じゃなくなるじゃん❗️

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next