新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

新型コロナウイルスの致死率、80代以上だと14%超に!40代までは1%以下 循環器の病気持ちだと10% 調査データ

*CCTV
新型コロナウイルスに関する詳しい調査データが発表されました。
これは中国の疾病予防センターの専門チームが発表した調査結果で、全体的に高齢者や持病持ちの方で死亡率が高くなる傾向が見られるとまとめられています。

平均の致死率は2.3%でしたが、80代以上に限定すると致死率が14.8%に跳ね上がっていました。10代から40代の致死率は1%以下となっているだけに、年代別でかなり大きな差があると言えるでしょう。

また、持病を持っている感染者のうち、循環器の持病持ちは致死率が10.5%、糖尿病では7.3%、慢性の呼吸器の病気では6.3%などとなっています。循環器系の持病持ちは高い傾向が見られ、この点も注意が必要な部分です。

全体的に高齢者と持病持ちの致死率が目立ち、80代以上の致死率は他の感染症と比べても数字が飛び抜けています。平均値では若者の数字が押し下げていることから大したことが無いように見えますが、依然として驚異的なウイルスであることは変わらないことが示されたと考えることが出来そうです。

 

中国当局 新型コロナウイルスの患者数
https://news.qq.com/zt2020/page/feiyan.htm

致死率は2.3% 高齢者や持病ある人は注意 中国分析データ公表
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200219/k10012291281000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_007

中国で新型コロナウイルスへの感染が確認されたおよそ4万4500人の詳しいデータが公表され、全体の致死率は2.3%でしたが80代以上では14.8%などと高齢者が高いほか、心臓など循環器に持病がある人は10.5%と高いことが分かりました。大規模なデータの分析から病気の詳細が明らかになったのは初めてで、専門家は改めて重症化しやすい人の感染対策を徹底するよう呼びかけています。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!