新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

感染症病床の使用率、大阪や東京で100%突破か 日本全国に2577床だけ 人工呼吸器は2万8000台超


新型コロナウイルスのような感染症に対応するための「感染症病床」について、大阪や東京で使用率が100%を超えたことが分かりました。

先月の時点で日本全国に設置されている感染症病床は総数が2577床で、東京都だと設置数は118床となっています。
既に東京都だけでも感染者数は300人ほど居ることから、それから計算すると大幅な超過。大阪府に至っては設置数が78床と非常に少なく、こちらも東京都と同じように感染者数が大幅に超えています。

日本全体だと使用率は29.8%となっていますが、それが埋るのは時間の問題だと言えるでしょう。

また、人工呼吸器も2月時点で日本に整備されている台数は2万8197台で、欧米諸国のような感染爆発が起きると対応は厳しいです。

一方で、兵庫県だと感染症病床の数を一気に246床まで拡大しており、県によっては感染爆発に備えて体制を強化していました。全体で見ると、都道府県の対応力にかなり差があり、今後の感染爆発を考えると不安になる部分が多いです。

 

COVID-19 Japan
https://www.stopcovid19.jp/

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!