新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

政府が驚きの政策、低所得の家庭にモバイルルーター貸与!毎月発生する通信費は含まず 緊急経済対策

官邸
政府が検討中の経済対策案が衝撃的だと話題になっています。

共同通信社の記事によると、政府は新型コロナウイルスの影響で学校の休校が長期化していることを懸念し、小中学生の子供がいる全ての低所得世帯を対象にして、モバイルルーターを貸与する方向で調整しているとのことです。
モバイルルーターがあればインターネットへの接続が可能となり、家庭のネット環境を整備することで在宅学習を促す狙いがあるとしています。

ただ、毎月発生する通信費は含まれず、具体的な費用の在り方はこれから検討するとしていました。

ネット上ではこの新たな緊急経済対策について、「余計に負担が増えている」「通信費も出さなければ意味がない」「詐欺みたいな政策」「超ケチくさい」などと批判や不満の声が相次いでいます。

通信費が含まれていない部分に批判の声が多く、日々の生活で限界な貧困層に通信費を上乗せしてしまうと、生活そのものが崩れてしまう可能性があると指摘する意見が多数でした。
お魚券や和牛引換券に続く珍政策として、ネタにしているネット民も多かったです。

ちなみに、大手通信会社でもモバイルルーター本体は無料で、通信費が有料のパターンは多く見られます。

 

小中学生家庭にモバイルルーター 低所得対象に貸与、全世帯の2割
https://this.kiji.is/618442084358784097

新型コロナウイルス感染拡大の影響で学校の休校が長期化する中、政府が、小中学生がいる低所得世帯でインターネット環境がない全ての家庭を対象にモバイルルーターを貸与する方針を固めたことが2日、関係者への取材で分かった。家庭のネット環境を整備し、学校のパソコンを自宅へ持ち帰って学習に活用するのが目的で、対象は小中学生がいる全世帯のうち2割程度に上る見通し。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!