新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

武蔵野警察署で警察官が感染、70人が自宅待機に!人手不足で本部から緊急派遣 

*警察署
東京都武蔵野市にある武蔵野警察署で新型コロナウイルスの感染者が確認されたことが分かりました。

NHKによると、感染が確認されたのは刑事組織犯罪対策課の男性警察官(33歳)で、この警察官と一緒に勤務していた署員ら70人余りが接触した疑いがあるとして、自宅待機命令の対象になっているとのことです。
感染が発覚した男性警察官は先月26日から体調不良を感じ、4月4日にPCR検査を受けて感染が発覚。

まとまった人数が自宅待機状態となったことで、本部や地域部などからおよそ30人が武蔵野警察署に応援として派遣されています。

最近は警察関連の感染報告も増えており、赤坂警察署や鮫洲運転免許試験場などでも複数の警察官から感染が確認されたばかりです。
警察官の感染が拡大することで治安維持にも悪影響が出る恐れもあることから、ネット上では懸念の声が相次いでいました。

 

都民の皆様へ(武蔵野警察署員のコロナウイルス感染について)
https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/smph/oshirase/musashino200405.html

令和2年4月5日(日曜)、武蔵野警察署に勤務する職員から新型コロナウイルスの感染者が確認されました。
保健所の指導により、感染した職員や接触者は勤務させておらず、施設内は徹底した消毒を実施しました。また管内の治安対策を更に強化するため、警視庁本部から応援部隊が派遣されています。
今後も武蔵野警察署は通常の業務を実施いたしますが、御来庁の皆様におかれましては、マスクの着用等の感染拡大防止にご協力をお願いいたします。
引き続き、管内の警戒を強化し、犯罪発生の抑止に努めてまいります。

武蔵野署の警察官 感染確認 70人余を自宅待機 本部から派遣も
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200406/k10012369941000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

警視庁の武蔵野警察署の警察官が、5日、新型コロナウイルスに感染したことが確認されました。警視庁は一緒に勤務していた署員ら70人余りを自宅待機とする一方、警察署の機能を維持するため本部からおよそ30人を派遣し、パトロールなどにあたることにしています。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!