新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

緊急事態宣言の期間は6ヶ月を検討か 範囲内で知事が外出自粛などを要請可能に!


緊急事態宣言について、政府が宣言の有効期間を6ヶ月とする方向で調整していることが一部のメディアで報じられています。

TBSの記事によると、政府は緊急事態宣言の発令期間を6ヶ月程度として、その期間の範囲内で都道府県の知事らが、自由に外出自粛などを定めることが出来るようにする方向で考えているとのことです。
あくまでもこの6ヶ月間は都道府県が指定出来る範囲であり、地域によっては要請や制限の期間が変化することになると見られています。

詳細な内容は4月7日までに決定し、近いうちに安倍首相が正式発表を行う予定です。

 

【独自】「緊急事態宣言」期間は「6か月間」を検討、対象区域は5都府県を想定
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3949206.htm

 新型コロナウイルスの感染拡大にともなう「緊急事態宣言」について、政府が宣言の期間を「6か月間」とする方向で検討していることが、関係者への取材で新たに分かりました。対象区域となった自治体では、知事がこの「6か月」の間で期間を定め、外出の自粛などを求めることになります。
特別措置法に基づく「緊急事態宣言」は、総理大臣が期間や区域を指定した上で行うもので、政府は7日にも発表するべく調整を進めています。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!