新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

台湾が新型コロナの感染拡大阻止に成功!世界が注目、徹底した検査と規制 日本にマスク200万枚を支援も

台湾が新型コロナウイルスの感染拡大阻止に成功したとして、世界的な注目を集めています。

台湾の行動は非常に早く、昨年12月の段階で中国からの情報を得て、中国の武漢市から台湾入りするすべての航空機を対象にして検査を義務付けました。2020年1月には新型コロナウイルスを指定感染症に定め、各地の学校を休校させるなど、早期の段階で封じ込め策を強化。
合わせてマスクなどの防護具の生産を増強し、重要な医療品は国が厳格に管理運営した上で、事実上の配給制とすることで安定供給を維持しました。

その結果、台湾の感染者数は僅かに393人だけで、国内の活動も大幅に制限すること無く、国を安定化させることに成功しています。

更に台湾は日本にもマスク200万枚の支援を行い、世界各国にマスク外交を展開しているところです。

世界中が注目している台湾の成功報告ですが、ここまで感染封じ込めに成功した最大の要因は蔡英文総統の存在だと見られています。
蔡英文総統は前々から台湾の自主独立路線を掲げており、中国を警戒して独自の情報収集を強化していました。それが新型コロナウイルスの情報を早期にキャッチし、今回の早期対応を決断するキッカケとなっています。

蔡英文総統の素早い判断力と情報収集能力、対策を実現するだけの国家体制が合わさった結果だと見られ、日本の対応とは雲泥の差があると言えるでしょう。

 

新型コロナ対策、際立つ女性リーダーの手腕 スピードと実行力で拡大阻止
https://www.cnn.co.jp/world/35152496.html

台湾はその迅速かつ積極的な介入策で感染拡大を抑え込み、これまで感染が確認されたのはわずかに393 人、死者は6人にとどまる。米国務省は台湾の新型コロナ対策の成功に言及し、WHOの総会にオブザーバーとして参加させることを求めている。

人口8300万人のドイツでは感染者の数が13万2000人を超えているが、100万人当たりの死者数は極めて少ない。他の欧州諸国と比較すると、その差は際立っている。量子化学の博士号を持つメルケル首相の支持率がここへきてうなぎのぼりなのは、パンデミック対策で見せた手腕によるものだ。ドイツは集中治療用ベッドの数と、新型コロナウイルスの検査プログラムの規模で欧州随一の地位を誇る。

日本にマスク200万枚を寄贈 台湾の対日窓口、駐台代表に目録
http://japan.cna.com.tw/news/apol/202004160007.aspx

(台北中央社)台湾の政府は新型コロナウイルスの感染拡大防止を支援しようと、日本にマスク200万枚を寄贈する。台湾の対日窓口機関、台湾日本関係協会の邱義仁会長が16日、政府を代表し、日本の対台湾窓口機関、日本台湾交流協会台北事務所の泉裕泰代表(大使に相当)に目録を手渡した。物資は近日中に日本に発送され、第一線で働く日本国内の医療従事者に提供される。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!