新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

WHO「新型コロナの集団免疫はまだ確認されず」「抗体検査も効果の面から不確実な点が多い」


WHO(世界保健機関)が新型コロナウイルスの集団免疫について、現時点で確認されていないと発表しました。

4月17日にWHOは新型コロナウイルスに関する記者会見を行い、統括のマイク・ライアン氏は「大半の人が抗体を持っているとの期待に対する証拠は得られていない。このため、政府が抱える問題は解決されない」とコメント。
集団免疫を獲得したとの報告は無いと言及し、集団免疫の効果はあまり期待することが出来ないとしていました。

また、世界各地で新型コロナウイルスへの抗体を持っている人を調査するための抗体検査が始まっていますが、これについても「どのような検査をするかを明確にする必要があるが、効果の面からも不確実な点が多い」と触れています。

世界各地からの研究調査を見ると、新型コロナウイルスに感染した後は免疫系統が弱まっている傾向があり、何処まで抗体を獲得することが出来るのかは分かっていません。新型コロナウイルスが変異するという研究調査もあるため、WHOが言うように集団免疫を期待するのは難しいと思われます。

 

WHO「新型コロナウイルス、集団免疫まだ獲得されず」
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/04/who-44.php

世界保健機関(WHO)は17日、新型コロナウイルスに感染した人が持つ抗体が再感染を防ぐために十分な免疫力を持つかは現時点では分からないと述べた。
WHOで緊急事態対応を統括するマイク・ライアン氏は、抗体に効果があったとしても、多くの人が新型ウイルスに対する抗体をすでに持ち、これによりいわゆる「集団的な免疫」が獲得され始めていることを示す兆候はほとんどないと述べた。

新型コロナの抗体検査 「不明点多い」 WHO危機対応統括
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200418/k10012394171000.html

欧米各国で外出制限措置の解除や経済活動の再開を判断する際の指標の1つとして議論されている新型コロナウイルスの抗体検査を巡り、WHO=世界保健機関の危機対応の責任者は検査の技術は十分に検証されておらず、抗体に関しても不明な点が多いという認識を示しました。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!