新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

太陽の紫外線で新型コロナが激減とアメリカ政府 「紫外線や高温多湿の環境が揃えば減る」「冬に再燃の恐れ」


アメリカ政府が新型コロナウイルスについて、太陽の紫外線で減少すると発表しました。

4月23日にアメリカの国土安全保障省は記者会見を開き、紫外線や高温多湿の環境に新型コロナウイルスを減少させる効果があると発表。
科学技術顧問のウィリアム・ブライアン氏は「太陽光には、物質の表面と空気中の両方に存在するウイルスを不活性化する作用があるとみられる」と述べ、環境によっては2分程度でウイルスが消滅すると解説しました。

具体的には気温が22℃で湿度が80%の環境だと、太陽光を浴びた新型コロナウイルスは2分で半減するとしています。
ただし、新型コロナウイルスが消滅するのは太陽光を浴びた場所だけで、物体だと裏側に付着した新型コロナウイルスは残っていたと報告されていました。

公園の遊具だと紫外線が当たらない裏面などに注意が必要だとして、紫外線に弱くても油断が出来るわけではないとまとめています。

このような新型コロナウイルスの特性からアメリカ政府は冬に再び大流行する恐れがあるとして、引き続き警戒を強化するとしていました。

↓アメリカ政府が発表した資料

 

新型コロナウイルス、太陽光で急速に不活性化 米研究
https://www.afpbb.com/articles/-/3280112

【4月24日 AFP】(写真追加)米政府高官は23日、新型コロナウイルスが太陽光によって急速に不活性化するとの研究結果を発表した。夏の間は感染拡大が収まることが期待される。
米国土安全保障省長官の科学技術顧問を務めるウィリアム・ブライアン(William Bryan)氏はホワイトハウス(White House)で記者団に対し、「太陽光には、物質の表面と空気中の両方に存在するウイルスを不活性化する作用があるとみられる」と明らかにした。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!