新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

ソフトバンクグループ、過去最大の赤字1兆3646億円に!20年3月期 孫正義氏「コロナ後を見据えて」


5月18日にソフトバンクグループが2020年3月の決算を発表し、過去最大の赤字になったと明らかにしました。

ソフトバンクの孫正義氏によると、今年3月は新型コロナウイルスの影響で投資先の企業が大幅な赤字となり、それによってソフトバンクグループ全体の営業損益が大幅に減少、最終的には1兆3600億円余りの赤字を記録したとのことです。
昨年は2兆円以上の黒字だったことから、そこから3兆円も数字が落ち込んだ形となります。

孫正義氏は決算説明会で、「リーマンショック後にネット企業が発達したようにコロナショック後も発達する企業や業界が出てくる」と述べ、将来を見据えて投資を続けると強調。あくまでも数年程度の一時的な減少だとして、必ずしも悲観しているわけではないと語っていました。

決算の内訳を見てみると、アメリカのシェアオフィス大手「ウィーワーク」の経営悪化や投資先のマイナスが非常に大きく、コロナショックが一段落して企業価値が回復すれば、ソフトバンクグループの赤字も減少する可能性が高いです。

 

ソフトバンクグループ 1兆3646億円の赤字 過去最大
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200518/k10012434711000.html

ソフトバンクグループは、ことし3月期の決算を発表し、営業損益は、2兆円を超える黒字だった前の年から一転し、1兆3600億円余りの巨額の赤字になりました。新型コロナウイルスの感染拡大を背景にした金融市場の動揺で投資先の企業の価値が下がったためで、赤字幅は過去最大です。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!