新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

新型コロナが冬に流行する恐れ!10年の疫学調査から可能性大と県衛生研 インフルとの同時流行も警戒 


*山形県衛生研究所
新型コロナウイルスが冬にも流行する可能性が高いとする調査結果を山形県の衛生研究所がまとめました。

山形県衛生研究所によると、過去10年間に及ぶコロナウイルスの疫学調査から冬季に症例報告が多く、2月だけで全体の23.7%、1月も21.6%と際立っていたことから、遺伝子形態が近い新型コロナウイルスも同じような形で流行が発生する恐れがあるとのことです。
月単位だとコロナウイルスの感染報告が一番少ないのは9月で、11月頃から徐々に増えていく傾向が見られるとしています。

また、冬の季節はインフルエンザと合わさって流行する可能性もあり、県衛研は地元メディアの取材に「流行期について注視するとともに検査体制の拡充が求められる」とコメントしていました。

実際に世界的な感染大流行となったスペイン風邪だと、春の第一波よりも冬の第二波で多数の犠牲者が出ています。
過去の感染症や歴史を振り返ると、新型コロナウイルスがこのままサッパリと消える可能性は低く、県衛生研究所の警告は真剣に受け止める必要がありそうです。

 

新型コロナ、冬に流行か 県衛生研、疫学調査を分析
https://www.yamagata-np.jp/news/202008/19/kj_2020081900394.php

 県衛生研究所(県衛研、水田克巳所長)が10年間に及ぶコロナウイルスの疫学調査から、新型コロナが冬季に流行する可能性が高いとの見解をまとめたことが18日、分かった。冬季の感染拡大や季節性インフルエンザとの同時流行の恐れがあり、これらは症状で区別がつきにくいことから検査体制の拡充が必要と指摘している。

研究成果は国立感染症研究所(東京)の国際学術論文に掲載される見通し。長期にわたるコロナウイルスの研究から、新型コロナの感染流行期を示唆した報告は全国的に例がないという。県衛研は近くホームページで研究成果を公表する。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!