新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

山口県庁の横断幕に批判殺到、安倍首相を祝う!県「県庁の総意」「偉業を県民のみなさまとお祝いしたい」


山口県庁が安倍晋三首相を祝うための横断幕を掲げているとして、物議を醸しています。

この横断幕は安倍首相の連続在職日数が史上最長となった8月24日に掲げられたもので、下関市の県下関総合庁舎にも同じ横断幕が掲げられている状態となっていました。

朝日新聞の記事によると、県の担当者は「県民の代表として一生懸命尽力している安倍総理が最長を達成した。県庁の総意だけでなく、県民のみなさまと喜びを表現したいと考えた」などとコメントし、県庁の総意として行った行為だと強調。
県として安倍首相を応援した行為は問題ないとして、謝罪や撤回の発言はありませんでした。

ネット上でも野党関係者から指摘の声が相次ぎ、「公務員が政治的な中立を破っている」「県の総意ではない」「何で誰も止めなかったんだ」というような意見が噴出しています。

県庁は公共施設であり、そこに県庁の職員が仕事として横断幕を掲げる行為は公務員法に違反する恐れもあると言え、一連の行為が放置状態になっているのは強い疑問を感じるところです。

 

安倍首相祝う横断幕、職員「県庁の総意」 批判する声も
https://www.asahi.com/articles/ASN8S6SYTN8STZNB004.html

 安倍晋三首相の連続在職日数が憲政史上最長となった24日、山口県庁では玄関ホールと県政資料館の正面に、在職最長を祝う横断幕が掲げられた。県の担当者は「偉業を県民のみなさまとお祝いしたいと考えた」と説明している。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!