新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

大阪府の病床使用率102% 吉村府知事「治療の年齢判断、ご家族の同意を得られれば、若い世代にバトンタッチも」


新型コロナウイルス対策ダッシュボード(大阪府の新型コロナウイルス患者数統計値)によると、11月23日の時点で大阪府の病床使用率が100%を超えたことが分かりました。

22日の数字は90.0%程度でしたが、その後に過去最多の感染者数を連続で確認したこともあって、大阪府の病床使用率が跳ね上がったと見られています。
100%を超えた患者はホテルなどの宿泊施設や自宅療養になることが多く、人工呼吸器を備えている重症患者用の病床は空きが出来るまで使えない形になる可能性が高いです。

既に大阪府の吉村知事がテレビ番組や記者会見でトリアージに触れており、「選別のような本質の議論をしなければいけない」「ご家族の同意が必要だと思いますが、トリアージの判断、人工呼吸器とかそういうのじゃなくて、若い人にそれをバトンタッチするということも考えることもあるかもしれない」とコメントしていました。
追加の病床確保も間に合ってないと報じられていることから、遂に大阪府の医療崩壊が来てしまったと言えるでしょう。

 

新型コロナウイルス対策ダッシュボード
https://www.stopcovid19.jp/

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!