新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

大阪府の病床使用率151% 新たに386人感染確認、重症患者数も過去最多の131人 


大阪府の病床使用率が150%を超えました。

新型コロナウイルス対策ダッシュボードがまとめている医療機関の統計情報によると、12月3日の時点で大阪府の病床使用率が151%となり、入院治療が必要な患者数も4000人を突破。
重症患者数は過去最多となる131人を記録し、東京都の2倍に相当するような数字になっていました。

医療機関の切迫している状況を受けて、12月3日付で大阪府は緊急事態宣言に相当する赤信号「レッドアラート」を発表しており、12月15日まで不要不急の外出を控えるように要請しています。
大阪府が建設した新型コロナウイルス専門病院も看護師や医師の人手不足で機能しておらず、医療体制が崩壊寸前に危機的な状況になっていると言えるでしょう。

 

新型コロナウイルス対策ダッシュボード
https://www.stopcovid19.jp/#Osaka

大阪府「赤信号」初点灯 不要不急の外出控えるよう呼びかけへ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201203/k10012744791000.html?utm_int=all_side_ranking-social_003

新型コロナウイルスの重症患者の急増を受けて、大阪府は3日夜、緊急の対策本部会議を開き、府内の医療体制がひっ迫しているとして、独自に設けた「大阪モデル」で「非常事態」を示す赤信号を初めて点灯させることを決めました。また、すべての府民に対し、4日から今月15日までの期間、できるかぎり不要不急の外出を控えるよう呼びかけることも決めました。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!