新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

東京都医師会が緊急記者会見!「この3週間がラストチャンスです!」「リアルタイム感染把握システムを導入する」


*東京都医師会会見
12月22日夕方に東京都医師会が緊急記者会見を行いました。

記者会見で東京都医師会の尾崎治夫会長は「本当にこの3週間がラストチャンスだと私は思います。ここで今のような増え方をすると年末には1000、更に増えていくことになります。脳卒中、心筋梗塞、大動脈疾患、肺の疾患などドンドン増えてくる時期に、今までのように診れる状態にあるのかと大変危惧しております」と述べ、医療機関の受け入れ余力がほぼ無くなっていると言及。

通常の医療提供体制にも深刻な影響が出てくる可能性があるとして、「この危機感を国民・都民が共有して頂いて、政府・政治を担っている方々にもどうしたらこの感染流行を防ぐことが出来るのか、実践的で効果のある政策を真剣に考えて頂いて、声明を出して頂きたいと思います」と呼び掛け、感染を減らす努力を全力で実施するように強く求めていました。

また、東京都医師会は独自の対策として、新型コロナウイルスの感染状況を区市町村別にリアルタイムで把握できる医療機関向けのシステムを稼働させるとも発表しています。
このシステムを使うことで医療機関の連携をスムーズにやるとしており、国が動かないかわりに医師会が積極的な活動を行うとしていました。

 

東京都医師会、リアルタイムで感染把握 システム稼働へ
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOFB2242Q0S0A221C2000000

東京都医師会(尾崎治夫会長)は23日、新型コロナウイルスの感染状況が区市町村別にリアルタイムで把握できる医療機関向けのシステムを稼働させる。地域別にリアルタイムの感染状況を知ることで、医療機関が地域の実情に沿った診療態勢を立てやすくなる。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!