新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

コロナ患者の受け入れ、勧告に応じない医療機関を政府が公表へ!特措法改正案に盛り込む 半強制的にコロナ患者受け入れを拡大


*官邸
政府が新型コロナウイルスの患者受け入れについて、医療機関への要請を更に強い「勧告」に引き上げると明らかにしました。

NHKの記事によると、政府は来週の通常国会に提出を検討している新型コロナウイルス用の特措法改正案に、厚生労働大臣や知事が医療機関に協力を勧告できる規定とセットで、勧告に応じない医療機関の名前を公表するための制度を盛り込む方向で調整しているとのことです。

今まで政府から医療機関への通達は要請となっていましたが、そこから踏み込んだ勧告に変更することで、多くの医療機関に新型コロナウイルスの感染者を受け入れてもらう狙いがあると見られています。

ただ、医療機関側からは感染症対策の問題や通常診療への影響を懸念して、「新型コロナウイルスの患者を受けることが難しい」「受け入れたくても出来ない」というような声が多く、政府が強制的に新型コロナウイルスの患者を受け入れるように勧告しても、対応が出来ないまま院内感染だけが深刻化することになるかもしれません。

政府の都合で医療機関が対応を強いられる形になるわけで、非常に強い疑問を感じる対応だと言えます。

 

病床確保へ 医療機関に協力を勧告できる規定も検討 政府
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210115/k10012815231000.html?utm_int=all_side_ranking-social_005

新型コロナウイルスの患者の受け入れや病床の確保を進めるため、政府は感染症法の改正案に、厚生労働大臣や知事が医療機関に協力を勧告できる規定とともに、勧告に応じない医療機関を公表できる規定を盛り込むことを検討しています。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!