新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

コロナから回復した患者の約30%が再入院、12%超が死亡と報告!年齢関係なくリスクとイギリス調査


BBC
英国国家統計局の調査で、新型コロナウイルスの患者の多くが後遺症の症状に苦しんでいることが分かりました。
新型コロナウイルスに感染した20%のイギリス人は感染から5週間も症状が残り、その半分が12週間に及ぶ長期の体調不良を経験したと報告。

さらに驚くべきは患者の29.4%が退院してから140日以内に再入院し、12.3%が死亡したとの情報です。
再入院時の死亡率は通常よりも7倍ほど高く、一度感染することで年齢関係なく、複数の臓器にダメージを受けるケースがあると伝えられています。

この調査は2020年1月1日から2020年8月31日までの間に、新型コロナウイルスの感染を報告した4万7780人の患者を対象として行われたものです。
新型コロナウイルスの後遺症が予想以上に長引くことを示しており、同時に再入院時の死亡率が高いことは注目するべき点だと言えるでしょう。

 

Almost 30% of Covid patients in England readmitted to hospital after discharge – study
https://www.theguardian.com/society/2021/jan/18/

機械翻訳:
Covid-19の治療を受けた後にイギリスの病院から退院した人々のほぼ3分の1が5か月以内に再入院し、8人に1人が死亡したと研究は示唆しています。

まだ査読が行われていないこの研究では、70歳未満の人や少数民族の個人の退院後にさまざまな臓器で問題が発生するリスクが高いこともわかりました。

ケンブリッジ大学の集中治療医学の講師で、この研究に関与していなかったシャーロットサマーズ博士は、「これらすべての人々がCovidで死亡することについて多くの話がありましたが、重要なのは死亡だけではありません」と述べています。

Epidemiology of post-COVID syndrome following hospitalisation with coronavirus: a retrospective cohort study
https://www.medrxiv.org/content/10.1101/2021.01.15.21249885v1.full.pdf

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!