新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

台湾で新型コロナの感染者急増、17日は333人で警戒レベル引き上げ!コロナ感染拡大後で最も厳しい制限措置 


*台湾メディア
台湾で新型コロナウイルスの感染者数が急増しています。

台湾当局の発表によると、5月17日の新規感染者数は333人となり、1日あたりの新規感染者数で過去最多を更新したとのことです。
台湾では新規感染者が昨年からずっと二桁台の水準に抑え込んでいましたが、数日ほど前から急激に感染者が増加。

空港などの検査漏れで国内に感染力の強い変異株が入ってきたことが主な理由だと思われ、台湾の強い検疫体制でも感染拡大を招いてしまったことに世界が衝撃を受けています。

台湾当局は4段階ある警戒レベルで上から2番目に高いレベルを発表し、全国民にウイルス対策の強化と人の移動制限、外出時のマスク終始着用などを呼び掛けているところです。
屋外においても10人以上の活動は制限され、日本と比べてもかなり厳しい措置が実施されています。

 

台湾で感染急増 これまでで最も厳しい制限を実施
https://www.bbc.com/japanese/57139505

台湾で新型コロナウイルス感染者が急増している。政府は16日、これまでで最も厳しい制限措置に踏み出した。

人口約2300万人の台湾ではこれまで、新型ウイルスのパンデミックの影響をごくわずかなものに押さえ込まれてきた。累計感染者は1682人で、死者は12人にとどまっている。

早期に厳格な水際対策を取って外国人渡航者を入れなかったことと、島外から台湾に戻る市民全員に隔離措置を実施したことが、感染対策の成功につながったとされてきた。

台湾、コロナ新規感染333人 ワクチン確保急ぐ
https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-taiwan-vaccines-idJPL3N2N42F7

[台北 17日 ロイター] – 台湾当局は17日、新型コロナウイルスの新規感染者が333人確認されたと明らかにした。市中感染が拡大している。
台湾のワクチン在庫30万回分は底を突きつつあり、当局はワクチンの確保を急いでいる。すでにワクチンを接種したのは人口2300万人の約1%のみ。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!