新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

史上最悪の新変異株B.1.1.529に世界激震!英国は南アフリカからの飛行機を禁止へ 株価も急落、デルタ株以上の感染力とも調査報告


*BBC
南アフリカで確認された新型コロナウイルスの新たな変異株「B.1.1.529」について、その危険性が徐々に分かってきました。

この変異株には過去の変異株とは桁違いに激しい変異が見られ、変異株の研究調査を行ったトゥーリオ・デオリヴェイラ教授は「この変異株に我々は驚かされた。予想していたよりも大きな進化を遂げ、はるかに多くの変異が起きている」とコメント。
全体で50の変異が確認されたとして、少なくとも30以上の変異がスパイクたんぱく質にみられたと明らかにしました。

スパイクたんぱく質は人間の細胞に入り込むためのカギであり、新型コロナウイルス用のワクチンの多くはこのスパイクたんぱく質を標的にしていることから、ワクチンそのものが無効化される可能性も浮上しているのです。
香港の感染事例だと、ホテルの向かい側の部屋に隔離されていた人物が感染者と殆ど交流せずに感染したほどで、その感染力はデルタ株を超えるとも指摘されています。

ワクチンなどを無効化するかもしれないスパイクたんぱく質の変異に加えて、強烈な感染力を持っているかもしれないわけで、史上最悪の変異株として世界中を激震させているところです。

 

南アで新たな変異株を検出 「これまでで最も激しい変異」
https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-59413580

南アフリカで検出された変異株は「B.1.1.529」と呼ばれる。世界保健機関(WHO)は26日にも、ギリシャ文字を使用した名称を付ける。WHOはこれまでにも、イギリスで最初に特定された「B.1.1.7」系統を「アルファ」、インドの「B.1.617.2」系統を「デルタ」などと名付けている。

変異株「B.1.1.529」には信じられないほど激しい変異がみられる。南アフリカの感染症流行対応・イノベーション・センターの局長、トゥーリオ・デオリヴェイラ教授は、「特異な変異の集まり」がみられるとし、これまでに流行したほかの変異株とは「非常に異なる」と述べた。

「この変異株に我々は驚かされた。予想していたよりも大きな進化を遂げ、はるかに多くの変異が起きている」

デオリヴェイラ教授は記者団への説明で、全体で50の変異があり、そのうち30以上の変異がスパイクたんぱく質にみられたと説明した。ウイルスの表面にあるスパイクたんぱく質には人体の細胞に入り込むカギの役割があり、現在開発されているほとんどの新型ウイルスワクチンはこのスパイクたんぱく質を標的としている。

ホテル隔離中に空気感染か、香港で2人から新たなコロナ変異株検出
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-11-26/R35KWDT0G1KZ01

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

新型コロナウイルスの新たな変異株「B.1.1.529」が香港のホテルで隔離中の旅行者2人から検出された。

香港政府が25日遅くに明らかにしたところによると、このうち1人は南アからの旅行者。もう1人はカナダからの旅行者で、同じホテルの向かい側の部屋に隔離されていた。前者が着用していたマスクの呼気弁には吐く息のフィルター機能がなく、部屋のドアが開かれた際、後者に感染させた可能性があると、保健当局の報道官は26日に説明した。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!