新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

紅白歌合戦の視聴率34.3%で過去最低に!前年比6ポイント減 ネットに視聴者が移動か


*NHK紅白歌合戦
2021年12月31日の大晦日に放送されたNHKの紅白歌合戦が過去最低の視聴率となったことが分かりました。
これはビデオリサーチ社の視聴率調査から判明したもので、2021年の紅白歌合戦は前年比で6ポイントの減少となり、34.3%で過去最低を更新。
調査が開始された1962年以降で一番少なく、関西地区の第2部平均視聴率も35.0%で低調になっていました。

紅白歌合戦の視聴率が下がった背景にはインターネット環境の充実や目玉歌手の不足があると思われ、今年はその傾向が例年以上に顕著だった印象があるところです。
ネットの盛り上がりも不足気味で、テレビが没落していることを示していると言えるでしょう。

 

紅白視聴率が過去最低34.3% 2部制では1989年以降
https://nordot.app/850221082825293824?c=39546741839462401

 2021年の大みそかに放送された第72回NHK紅白歌合戦で、トリを含む第2部(午後9時から2時間45分)の関東地区平均視聴率(総合テレビ)は34.3%で、2部制となった1989年以降で過去最低だった。ビデオリサーチが2日発表した。前年比6.0ポイント減だった。同社が記録している1962年以降でも最低となった。
関西地区の第2部平均視聴率は35.0%(前年比4.3ポイント減)。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!