新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

小池都知事が外出自粛要請!4ヶ月ぶりの行動制限に賛否 「感染を止める。社会は止めない」


*東京都
東京都の小池百合子都知事が都民に対して、新型コロナウイルス対策の一環で外出自粛をするように呼び掛けました。

1月19日に政府は東京都を対象にして「まん延防止等重点措置」の適用を決定し、それを受けて小池都知事は記者会見とモニタリング会議で都民に向けて、「都民、事業者、行政が一体となって危機感を共有し感染を抑え込む」などと発言。
新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためには都民の協力が必要不可欠だとして、「感染を止める。社会は止めない」と繰り返していました。

小池都知事は感染を封じ込めるために不要不急の外出や都道府県を超えた移動の自粛を呼び掛けていますが、飲食店側は再びの行動制限に懸念や不安の声をぶつけています。
前回の行動制限でも支援金の不足や曖昧な基準の存在があり、また同じような状況にならないかと懸念している事業者が多く、「自粛要請に従わない」とコメントしている飲食店もあるほどです。

 

小池知事、都民に外出自粛呼びかけ 4カ月ぶりに行動制限要請
https://mainichi.jp/articles/20220119/k00/00m/040/319000c

 新型コロナウイルス対策の「まん延防止等重点措置」が21日から2月13日まで都内に適用され、約4カ月ぶりに飲食店の時短営業などの行動制限が要請されることになった。小池百合子知事は19日、「誰もが感染するリスクがある。都民、事業者、行政が一体となって危機感を共有し感染を抑え込む」と述べ、不要不急の外出や都道府県をまたぐ移動を自粛するよう呼びかけた。措置は多摩地域や島しょ部を含めて都内全域に適用される。

小池知事、都民に外出自粛呼びかけ 4カ月ぶりに行動制限要請
https://mainichi.jp/articles/20220119/k00/00m/040/319000c

新型コロナウイルス対策の「まん延防止等重点措置」が21日から2月13日まで都内に適用され、約4カ月ぶりに飲食店の時短営業などの行動制限が要請されることになった。小池百合子知事は19日、「誰もが感染するリスクがある。都民、事業者、行政が一体となって危機感を共有し感染を抑え込む」と述べ、不要不急の外出や都道府県をまたぐ移動を自粛するよう呼びかけた。措置は多摩地域や島しょ部を含めて都内全域に適用される。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!