新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

梅毒患者が過去最多を更新へ 2021年の1.6倍ペース、10年ほど前から流行続く 震災の影響も?


梅毒の患者数が過去最多の勢いで急増しています。
毎日新聞の統計によると、2020年度の患者数は過去最多だった2021年の1.6倍のペースで増えており、かつてはほぼ壊滅したとされていた梅毒が普通の感染症レベルまで拡大したと報じられています。

梅毒患者数の急増が始まったのは2013年頃で、2011年からジワジワと増えていた患者数が急増。それから毎年のように患者数の増加傾向が続いているところです。

一般的には海外客の増加やSNSを通した出会いが要因になっているのではないかと言われていますが、梅毒患者の増加時期は東日本大震災や福島原発事故と一致していることから、こちらの震災が何らかのトリガーになっている可能性があると思われます。

 

↓東京都の梅毒患者推移

梅毒患者が急増 過去最多の21年同期比1.6倍 10年続く流行
https://mainichi.jp/articles/20220418/k00/00m/040/293000c

かつてはめったに診断することがない「幽霊病」と言われた性感染症、梅毒が急増している。2022年の患者数は、過去最多を記録した21年の1・6倍のペースで報告されている。その感染の広がりから専門医は「もはや普通の性感染症になった」と指摘する。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!