新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

政府が7年ぶりに節電要請!設定温度は28℃目安 最悪の場合は「計画停電」も視野に! 電力需給ひっ迫注意報


*官邸
政府が約7年ぶりに節電要請を行うと表明しました。

6月7日に政府は関係閣僚会議を開き、今年3月に発生した福島県沖地震で被害を受けた発電所の復旧作業が終わっていないことや、火力発電所の相次ぐ停止などから電力需給がひっ迫しているとして、7年ぶりに節電要請を行うと決定。
全国の電力管内が対象となり、具体的な節電方法としてエアコンが27℃から28℃設定、冷蔵庫で湿度「強」から「中」への変更、白熱電球をLEDランプに変更するなどの省エネ対策が呼び掛けられていると報じられています。

まず最初の期間は夏の7月1日~9月30日としていますが、冬も厳しい電力需給が続く見通しだとして、節電要請が半年単位で長引く可能性もあるとのことです。

 

2022年3月の東日本における電力需給ひっ迫に係る検証について
https://www.meti.go.jp/shingikai/enecho/denryoku_gas/denryoku_gas/pdf/050_04_01.pdf

この夏 7年ぶり全国に節電要請 需給ひっ迫で「注意報」新設も
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220607/k10013661031000.html

政府はこの夏の電力需給のひっ迫に備えるため、関係閣僚会議を開催しました。
家庭や企業に対して数値目標付きの節電までは求めないものの、7年ぶりに全国に10ある電力管内すべてに対して節電要請を行います。
この夏の電力需給は10年に一度の厳しい暑さを想定した場合、東北、東京、中部の各電力管内では安定供給に必要な予備率が3.1%と非常に厳しい見通しになっています。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!