新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

「同性婚を認めないのは合憲」と大阪地裁判決!札幌地裁と判断割れる 同性婚から憲法論争も


6月20日に大阪地裁(土井文美裁判長)が「同性婚を認めない民法などの規定は憲法に違反しない」とする判決を下し、その内容が物議を醸しています。

問題となっているのは同性カップル3組が、「同性カップルが結婚できないのは違憲だ」として国を訴えた訴訟に関する判決です。

報道記事によると、大阪地裁は「人類には男女が共同生活して子孫を残してきた歴史・伝統があり、自然で基礎的な集団単位として識別・公示する機能を持たせて法的保護を与える婚姻制度には合理性がある。公認の利益を実現するためには類似の承認制度を作ることも可能で、本件諸規定はそれを妨げていない」として、婚姻に関する法律上の記載は異性同士が原理原則だと指摘。

現時点で司法が違憲と断定するのは難しいとした上で、将来的には多数決原理による制度構築も期待することが出来るとしていました。

将来的な制度変更や同性婚の容認に含みを持たせた判決であり、憲法24条に書いてある「婚姻は両性の合意のみに基いて成立」とする文言を重視した内容になっていると言えるでしょう。

この判決の直前には札幌地裁が「同性婚を認めないのは法の下の平等を定めた14条に違反する」と判断を下していたことから、地裁によって賛否が割れた形です。

主要7カ国(G7)の中で日本だけが同性結婚を認めておらず、各種世論調査でも「同性婚を容認する」との意見が殆どで半数を超えています。

日本の精度や憲法が時代遅れとの声もあり、日本政府として同性婚を容認するためには憲法改正が必要だとする意見もありました。

 

同性婚を認めないのは「合憲」 大阪地裁判決
https://www.bbc.com/japanese/61863777

同性婚を認めないのは「合憲」 大阪地裁の判決要旨は
https://www.asahi.com/articles/ASQ6N5RD3Q6NPTIL056.html

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!