新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

森友文書、財務省理財局の職員が自白か!安倍事案と命名も?「国会対策のためにやった」


*国会
森友学園の国有地売買を巡る文書が改ざんされていた問題で、財務省理財局の職員が大阪地検特捜部の任意の聴取を受け、国会対策のために改ざん行為を行ったと言及したことが分かりました。

報道記事によると、この職員は文書改ざんを認めた上で、「国会対策のためにやった」「組織のために仕事としてやった」という趣旨の供述を大阪地検特捜部にしているとのことです。

また、近畿財務局内では「安倍事案」などと命名されていたことも判明し、財務省の関係者は「当初から安倍晋三首相夫妻が関わっていた案件というのは『常識』で、特別な扱いがされた」などとコメントしていました。

これらの情報を総合すると、財務省が安倍夫妻に配慮して、国会答弁を軌道修正するために改ざん行為を行ったと推測することが出来るところです。

 

地検、理財局職員を任意聴取“組織のため”
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20180322-00000042-nnn-soci

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!