新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

今治市の受刑者脱走、捜索に延べ6600人を投入!警察はメンツ丸つぶれで激怒か


愛媛県今治市の松山刑務所大井造船作業場から受刑者の平尾龍磨容疑者(27)が脱走した事件で、警察は「これまでに延べ6600人の部隊を投入した」と発表しました。

先日から1000人規模の部隊で捜索を続けていましたが、1週間近くが経過しても発見できないことから、捜索の規模を大幅に拡大。
平尾龍磨容疑者は窃盗の罪で服役中で、脱走後も各地で小規模な窃盗行為を繰り返しながら移動を続けています。

警察としては脱走に加えて何時まで経っても発見できないことにイラ立ちが高まっているようで、その日の内に見つける覚悟で全力投入した形です。

一方で、ネットの反応を見てみると、「リアル逃走中」「警察が無能」「平尾さん有能」などと騒動を楽しんでいるコメントが多く見られ、同時に何時まで経っても発見できない警察を指摘する意見も増えてきています。
長引く道路封鎖に住民の不満も高まっており、いい加減に見つけることが出来なければ、警察としては醜態を晒す形になりかねないと言えるでしょう。

 

受刑者捜索に6600人 空き家1000件、地形も壁に
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29414720V10C18A4AC8Z00/

 愛媛県今治市の松山刑務所大井造船作業場から受刑者の平尾龍磨容疑者(27)が脱走した事件は、15日で発生から1週間。潜伏先とみられる広島県尾道市の向島を中心に広島、愛媛両県警などが延べ約6600人で捜索した。関与が疑われる窃盗被害を確認しながら、千軒以上の空き家や起伏に富んだ地形が障壁となり難航。住民は疲労の色を濃くしている。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!