新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

福田財務事務次官のセクハラ問題、海外メディアも報道!野田聖子大臣「対応に違和感」


財務省の福田淳一事務次官が「複数の女性記者に対してセクハラ発言を繰り返していた」と指摘を受けている問題が、海外メディアでも報道されました。

フランスのAFP通信は「日本は、女性の政治参加が世界で最も低い国の1つで、日本では、ジェンダーに対する凝り固まった考え方がある」と取り上げ、日本の女性待遇に疑問を投げ掛けています。
ロイター通信も同じように日本の女性問題に触れて、組織や企業の広い範囲で女性に対する意識が低いと言及。

また、今日の記者会見では野田聖子・女性活躍担当大臣からも「セクハラは女性に対する暴力で、人権侵害だ。本人は全面否定しているが、多くの女性が残念に思っている。政府の信頼を失墜させる大きな原因になってしまうと大変残念だ」などと財務省の対応を批判するコメントが出ています。

財務省は記者クラブに対して告発女性記者の情報を提供するように要請しており、麻生太郎財務相も「告発女性記者が分からなければセクハラ認定は出来ない」などとコメントしていました。

 

野田女性活躍相「被害者に高いハードル」財務省の対応を批判
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180417/k10011406711000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001

これについて野田女性活躍担当大臣は、閣議の後、記者団に対し「セクハラは女性に対する暴力で、人権侵害だ。本人は全面否定しているが、多くの女性が残念に思っている。政府の信頼を失墜させる大きな原因になってしまうと大変残念だ」と述べました。

そのうえで、財務省の対応について「違和感がある。セクハラの被害者は、家族にも相談できないのが現実で、加害者側の関係者に話をすることはできないのではないか。被害者の立場では、高いハードルであることを財務省に理解してほしい」と批判しました。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!