ヘッドライン

羽田空港の新ルート、横田空域の一部をアメリカ政府が許可!条件付きで日米両政府が合意へ 

入力不要(ここは表示されません)


2020年の東京オリンピックに備えて羽田空港が発着便を増やすために新飛行ルートの設置を検討していましたが、今まで反対を表明していたアメリカ政府が受け入れる方向で調整していることが分かりました。
NHKは近い内に日米両政府で合意する方向だと報道しており、東京都心の上空や在日アメリカ軍横田基地が航空管制を行う空域を一時的に認可すると見られています。

関東地方の上空は大半がアメリカ軍によって管理統制されている状態で、「横田空域」として日本の管理統制が及ばない場所となっていました。アメリカ軍による日本占領の象徴とも言われ、「横田空域は沖縄の基地問題以上に重大」と指摘している有識者も居るほどです。

 

横田基地の空域通る新飛行ルート 米が受け入れ 羽田便増へ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190129/k10011794821000.html?utm_int=all_side_ranking-social_003

東京オリンピック・パラリンピックに向けて羽田空港の発着便を増やす新たな飛行ルートの設定について、難色を示してきたアメリカ政府が東京大会への影響を考慮して受け入れる考えを示し、近く日米両政府で合意する見通しとなったことが分かりました。

関連過去記事

【横田空域】羽田空港の新飛行ルート、アメリカが拒否!米国「日本の上空通過も管制も認めない」
https://johosokuhou.com/2018/10/04/9530/

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

入力不要(ここは表示されません)

\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    何も考えず、日本が独立国家だと信じて疑わない日本国民の皆様、日本国土上空の飛行ルートを決めるため、日本政府が米軍にお伺いを立てなければならない、この屈辱的な状況の意味をじっくり噛み締め、我が身の不甲斐なさを嘆きましょう。自宅の敷地上空でドローンを飛ばすのに、訳の分からぬ怖いオジさんにお伺いを立てなければならない国なのです。地域でスナックを経営するオーナー・ママさんが地元の怖いヤクザに「守ってもらう」との名目でみかじめ料を納めなければならないのです。怖いヤクザから我が身を守るのは自分自身だけではないでしょうか?

  • ヒビキ より:

    アメリカ政府から許可をもらったんですかwそうですか

  • 匿名 より:

    日本はポツダム宣言受諾して無条件降伏したんだから当然でしょ?
    むしろ日本が完全な独立国家で主権があると思ってる方が、おかしいんじゃないの?
    日本政府の経済政策も失敗じゃなくて宗主国の為に行った成功でしょ?
    バカ騙すの簡単だわw

  • 匿名 より:

    匿名
    2019年1月29日 2:31 PM

    いい加減ポツダム漫談にも飽きたので別な与太話にしてくんない?

  • 匿名 より:

    アメリカ政府に許可?
    それで嬉しいんですか?

    自国の空ですよ。 どこまで植民地支配されていて安心根性なのですか?

  • 匿名 より:

    横田空域について右翼左翼両方で蔓延っているデマがあるので予め言っておくけど
    横田空域って管制管轄の話程度で別に進入禁止というわけでもないし、そもそも現状で民間機は横田空域の上を飛んでいる。

    仮に横田空域が開放されたとしても安全面の問題から空中待機場所や基本航路は現在と同様に太平洋上になるからあまり変わらない。
    現状ボトルネックとなっている羽田や成田の滑走路が増設されて地上混雑が解消されなければ便数だけ増やしても空中待機ばかりが増えて何の意味もない。

  • 匿名 より:

    ポツダムくんを激励するのは削除対象なのですか。
    何この言論統制┐(´д`)┌

  • リアルゴリラ より:

    自国内の飛行ルートの変更がアメリカ様の許可が必要なんですねー、仮にも独立国家なのに何とも情けない話です。
    今の日本に必要なのは憲法改正ではなく日米地位協定の見直し、そちらの方が順番としては先でしょう?

  • 匿名 より:

    日米密約;合同会議;ポツダム宣言;米軍主導での親米政党結党;地位協定;横田空域
    全てがヨコの糸タテの糸でがんじがらめ

  • 石井正雄 より:

    横田空域とオリンピックの件を時系列で追うと、
    2018年10月4日にNHKが「羽田空港 新飛行ルート 日米の調整難航で運用できないおそれ」と報じたが、すぐに消え、

    1か月後(11月4日)に読売新聞が「横田空域の管制権、一部日本移譲…米軍と合意へ」と報じていたが、それもすぐに消え、

    その5日後の11月9日に岩屋防衛大臣「オリンピックに向けて、更に航空便を増設することができるように調整が整うということを期待したい」と発言。

    統一地方選や消費税の増税など、時期を見計らって「政権への支持率アップに向けての好材料として」このニュースは何度も出してくると思う。

  • ロハスな人 より:

    リアルゴリラさん>
    今の日本に必要なのは憲法改正ではなく日米地位協定の見直し、そちらの方が順番としては先でしょう?>
     ご存じでしょうが、日米地位協定は『他の敗戦国のドイツ・イタリア』の地位協定と比べても非常に不公平なままなんですよね。
     日本以外の国(韓国やフィリピンも)は地位協定を改善しようと交渉を重ねて、どんどん改善していったのですが、日本だけは協定締結時からまったく不利なまま変化しないという体たらくです。
     これは岸信介元首相が『日米安保・地位協定利権』をその権力の源泉にしたことから、安倍政権の母体である『清和会が利権の柱である日米地位協定に踏み込めない』から…という推測もあるようですね。
    ◎『 世界的にもこんなの異常だ! 在日米軍だけがもつ「特権」の真実
    沖縄女性遺体遺棄事件から考える 伊勢崎 賢治(現代ビジネス)』
     NATO地位協定における裁判権に関しては、日米地位協定と基本的に同じである。だからといって、同じ敗戦国のドイツとイタリアと比べて日本は特段不利な立場にない、と結論するのは間違いである。日本との決定的な違いは「互恵性」なのだ。
     さらに、ドイツとイタリア両国は、特に冷戦後だが、補足地位協定として、第二次大戦後の占領時代からある米軍基地の管理権と制空権を全面的に回復している。訓練を含む米軍の全ての行動は、ドイツとイタリア政府の主権下に統制される「許可制」である。
     加えて、それらの基地を抱え色々な損害を被るのは地方政府であるから、補足地位協定では、米軍に、そういう地方政府との公的な協議の外交チャネルをつくることを義務付けている。同じ敗戦国の中で、占領時代から脱していないのは、日本だけである。

  • リアルゴリラ より:

    >2019年1月30日 4:07 PM ロハスな人様
    ”戦後レジームからの脱却” 等と大風呂敷を広げるのなら地位協定に踏み込むくらいの事はして欲しいですよねー。 現状で改憲しようものなら宗主国アメリカ様から良い様に使われてしまうのではないでしょうかねー、ただでさえ有事の際は自衛隊はアメリカの指揮下に入るという密約の噂まであるのに。
    ま、今の安倍ボン政権が日米地位協定に支持率目当てで考えなく踏み込めば更に悪化、隷属化する可能性も充分あるでしょうからオイラの本音としては「余計な事をするな、必要最低限の事だけしろ」ですねー。

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next