スクショ込みのダウンロード違法化、自民党が国会への提出を見送り!反発拡大で異例対応!審議会に疑念も

*官邸
違法ダウンロードの範囲を大幅に拡大して、スマートフォンやパソコンのスクリーンショットも全面違法化するための著作権法改正案について、自民党は国会への提出を見送る方針を固めました。

報道記事によると、当初は甘利明議員らが主導する形で法案提出まで話が進んでいましたが、著作権者である漫画家や一部議員らの反発から見直し論が拡大し、国民の間でも反対論が広がったことで自民党は法案の提出見送りを決定したとのことです。

この法案では権利者の許可を得ないで投稿された著作権物のダウンロードを全面的に禁止しており、パソコンやスマートフォンにデフォルトで搭載されている「スクリーンショット」も厳罰化の対象に入れると定めていました。

SNSでの情報共有も違法となる恐れがある上に、資料や文献として保管した画像も対象となることから反発や不満の声が拡大。漫画家や全国同人誌即売会連絡会なども反対声明を発表したことを受けて、遂には自民党が法案の提出を断念した形です。

法案の審議を巡っては文化庁がダウンロード規制賛成派の意見を水増ししていた経緯もあり、審議会に対する不信感も広がっています。

 

ダウンロード規制見送り 著作権法改正案提出せず
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO4239118013032019MM0000/

政府は13日、違法ダウンロードへの規制を強化する著作権法改正案について、今国会への提出を見送る方針を決めた。無許可で投稿された音楽や動画に限っていたダウンロード規制の対象を漫画や雑誌などの静止画にも拡大する内容だったが、漫画家をはじめとした著作権者側の理解を得られていないと判断した。

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next
   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    リーチ規制の方も非親告罪関連で酷い点が見つかったらしいけど、赤松さん始め今回活躍した業界人のいくらかはそこを評価してしまっているのが気になる。
    今回は皆さん頑張ってくれたのは間違いないけど全体としてはどんどん追い込まれていく気がする。
    でも現野党が必ずしも規制反対派ではないし仕方ないのか。

  • 匿名 より:

    この理屈が通るなら増税も中止できるよな?
    さすが汚職様達

  • 匿名 より:

    こんな自民党もういらない。

  • 匿名 より:

    前の記事より
    >「会議の中で日本漫画家協会の赤松健常務理事が「あまりにも違反の範囲が広すぎる」として法案の制限や修正を要請するも、甘利明元経済財政担当相が「政治論としての判断」などと発言して強引に押し切ったとのことです」
    この法案、「政治論としての判断」で本当にやりたかったことだろ。
    完全に無茶苦茶な政治。

  • 匿名 より:

    ご都合主義にも程がある。

  • 匿名 より:

    天下り先がほしかったんだろうな
    住民基本台帳やらマイナンバーと同じ匂いがします
    ~の規制で監視体制といった言葉は要注意ですね

  • 匿名 より:

    経緯や背景どころか書いてあることすらも読めない馬鹿が多いな・・・
    この問題をかなりザックリ説明すると
    1.文化庁の官僚共が規制を強行しようとしたら
    2.自民党幹部会が規制内容のおかしさに気付いて指摘しても文化庁の暴走は止まらず
    3.安倍総理が本来の趣旨から逸脱していると文化庁に警告
    4.文化庁官僚共の暴走が止まり自民党が国会への提出を見送り
    だぞ。

  • 匿名 より:

    石破や甘利を見ての通り自民党内も一枚岩ではなく、官僚からしてみれば自分の利益の為だけに動く政治家は扱いやすい事この上ないだろうね。
    今回、山田太郎や古屋圭司議員のような良識派が居た事は本当に救いだった。
    政治家と違って官僚は入れ替わる事がないから癌化した官僚はなんとかして駆逐してほしい。