新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

日本の不動産バブルに崩壊の足音!?リーマンショック前と類似、昨年から不調が顕著化 増税とのダブルパンチも懸念


日本の不動産バブルに崩壊の兆しが出てきています。2013年の異次元金融緩和が始まってから首都圏を中心に不動産価格の高騰が続いていましたが、昨年頃から全体的に売り傾向が拡大。
特に地方だと低所得者層向けの不動産投資が活発で、年収400万円程度のサラリーマンに数千万円規模の取り引きを持ち掛ける話が相次いでいます。

いわゆる不動産価格の上昇を前提とした不動産投資が拡大している状態で、かつてのアメリカでもリーマンショック直前に同じような動きがありました。

更に追い打ちをかけているのが、昨年の「かぼちゃの馬車・スルガ銀行事件」によって個人向け不動産担保融資が引き締められたことで、個人投資家向けの収益物件は値下がり傾向が強まっています。
今年10月に予定されている消費増税も不動産バブル崩壊の引き金となる可能性が高く、「2019年末から2020年前半に大規模な不動産バブル崩壊が発生する」とも予測している専門家が居るほどです。

具体的な時期は分かりませんが、時間の問題で不動産バブルの崩壊となるかもしれません。

 

不動産バブル崩壊の予感 「その後」に何が起きるのか
https://www.news-postseven.com/archives/20190203_860056.html/3

・不動産投資ブームで資産を拡大させた個人投資家(サラリーマン大家など)の大量破産、あるいは自殺の急増
・経済合理性を欠いた水準まで値上がりした湾岸エリアのタワーマンション流通価格が暴落
・リート(不動産投資信託)の資産内容悪化から価格が急落(利回りは多少上昇)
・リーマンショック時にも生き残った独立系専業のマンションデベロッパー数社が倒産
・大量に売れ残っている郊外の新築大規模マンションで大幅値引き販売が急増
・都心エリアでは局地バブルで値上がり傾向を続けた中古マンションが可視的に値下がり

以上のような現象は、ここ5年の局地バブルで起こったことの揺り戻しである。その他、予測不能なこともたくさんあるはずだ。

今回、日本経済が不況に陥るとリーマンショックの時よりも深刻化する可能性が高い。10年前は中国やアメリカには金融政策の選択肢が多かったが、今はあまりない。日本に至っては、撃てる弾は全部撃ち尽くした“弾切れ”状態だ。

本来なら弾を補給するための金融引締め(利上げ)を2017年頃から始めておけばよかったのが、時すでに遅し。暗い未来はあまり予想したくないが、明るい材料が少なすぎる。


●以下、ネットの反応


情報速報ドットコムの最新記事が届きます!