新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

燃え上がるノートルダム大聖堂に全世界が衝撃!鎮火に約10時間、復興に50年か 内部の被害は・・・?


4月15日深夜(日本時間)にフランスの首都パリにあるノートルダム大聖堂で発生した火災ですが、発生から約10時間ほどして鎮火となりました。火災は屋根の部分が一番酷く、屋根裏付近が出火場所だと見られています。
内部の被害は予想よりも少ない状態で、重要な物品は修繕工事中で別の場所に保管していたことから、そこまで大きな被害にはなっていません。

14世紀に完成したノートルダム大聖堂は1804年にナポレオンの戴冠式が行われ、歴史的な建築物として世界的に知られています。ヨーロッパの方だと義務教育レベルで殆どの人達が知っているほどです。
それだけに今回のノートルダム大聖堂の火災は世界的に大注目され、火災の様子を撮影した映像はYouTubeの急上昇ランキングにもランクインしています。

↓燃えているノートルダム大聖堂

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!