新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【混迷】ヨーロッパ議会選、極右と反EU派が議席増!EU統合派が過半数割れ!イギリスはブレグジット党が第一党へ


5月27日(日本時間)に投開票された欧州議会選挙は左派系の勢力が大幅に議席を減らし、右派や反EU派が全体的に拡大することになりました。

欧州議会で最も多くの議席が割り当てられているドイツでは国政第2党のドイツ社会民主党(SPD)が惨敗し、メルケル政権に大きな打撃となっています。SPDはメルケル首相のキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)と大連立を組んでいますが、今回の惨敗で連立離脱を求める声が強まっているところです。
欧州全体を見ると、前回は中道右派(EPP)と中道左派(S&D)だけで過半数を超えていましたが、今回は単独の過半数は維持できませんでした。

EU離脱で揉めているイギリスの結果は新党「ブレグジット党」が第一党になる勢いで、イギリスの二大政党制を支えていた保守党と労働党はいずれも過半数割れで大敗の見通しです。

注目するべきは全体に増加している極右系の政党と反EU派の勢いだと言えるでしょう。前回の選挙では左派系のEU推進派が各地で圧勝していましたが、それから移民問題が発生したこともあり、EUそのものへの不満が増加してこのような結果になったと見られています。
引き続き中道系の勢力がEUのメインとはなりますが、極右系の政党の発言力が増したことで、今後の世界情勢にも影響を与えそうです。

 

独社民党、欧州議会選・地方選で敗北 政権に打撃
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45298320X20C19A5EAF000/

【ベルリン=石川潤】欧州議会で最も多くの議席が割り当てられているドイツで26日、同議会選挙と地方議会選挙があり、国政第2党のドイツ社会民主党(SPD)がいずれも惨敗し、メルケル政権に打撃となりそうだ。SPDはメルケル氏のキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)と大連立を組むが党勢退潮に歯止めがかからず、連立離脱を求める声が党内で強まりかねない情勢だ。

ヨーロッパ議会選 開票始まる “EU懐疑派”議席増へ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190527/k10011930541000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002

EU=ヨーロッパ連合の加盟国から議員を選ぶヨーロッパ議会選挙は開票作業が進んでいます。ヨーロッパ議会が発表した獲得議席の予測では国の主権の回復などを目指すEUに懐疑的な勢力は前回より議席を増やす一方で統合を支持する中道の2つの会派は大幅に議席を減らして、両会派合わせても過半数に届かない見通しです。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!