新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

F35Aステルス戦闘機の墜落、原因はパイロットの「空間識失調」  機体に異常無し?僚機の記録などから判明

*F35A
青森県沖に航空自衛隊のF35ステルス戦闘機が墜落した事故について、航空自衛隊は事故の調査結果を発表しました。

航空自衛隊によると、今回の事故は残された記録や状況からパイロットが機体の姿勢を正しく認識できない「空間識失調」という状態に陥り、急降下に気付かないまま墜落に至った可能性が高いとのことです。
一緒に訓練していた仲間の機体記録などから事故機の航跡が判明し、墜落直前の30秒余りの間に9000メートル以上の高度から、時速1000キロ前後の高速で一気に急降下していたことが分かりました。

このような飛行は一般的な故障やエラーでは起きず、墜落直前に異常を知らせる交信はなかったことから、パイロットの「空間識失調」が事故原因だと報告書はまとめています。

ネット上ではF35の機体異常を疑う声も多いですが、発表された情報を見る限りは、機体に大きなトラブルや欠陥があったようには見られません。

 

F35墜落 原因はパイロットの「空間識失調」機体姿勢の誤認か
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190610/k10011947321000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_005

青森県沖で最新鋭のF35戦闘機が墜落した事故の原因について、航空自衛隊はパイロットが機体の姿勢を正しく認識できない状態に陥り、急降下していることに気付かなかった可能性が高いとする見解をまとめました。機体の不具合の可能性は極めて低いとして、航空自衛隊はF35の飛行再開を検討しています。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!