新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【歴史的】旧日本軍の空母「加賀」を発見!ミッドウェー海戦で沈没 ポール・アレン氏の調査チーム

*加賀
旧日本海軍の航空母艦「加賀」と見られる艦船がハワイ諸島の海洋保護区内で発見されました。
加賀を発見したのは富豪のポール・アレン氏が作った調査チームで、北太平洋の深さおよそ5400メートルの海底に沈んでいたと報じられています。

実際に潜水艇が撮影した映像には加賀と見られる砲台や船体、鎖が映っており、今も太平洋戦争時代の痕跡を残して沈んでいる様子が確認できました。

加賀は大日本帝国海軍の主力空母として真珠湾奇襲攻撃などに参加し、太平洋戦争の転換点とも言われるミッドウェー海戦でアメリカ軍の艦載機から攻撃を受けて沈没。その知名度の高さから戦後も様々な創作物に登場しているほどで、ネット上でも加賀の発見報告は話題のトレンド入りをしていました。

 

↓実際に発見された加賀

 

空母「加賀」とみられる船体発見 ミッドウェー海戦で沈没
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191019/k10012140191000.html?utm_int=all_side_ranking-social_003

太平洋戦争の転換点とも言われるミッドウェー海戦で沈んだ、旧日本海軍の航空母艦「加賀」とみられる船体が、北太平洋の海底で見つかり、激しい戦闘の実相を知るための貴重な発見として注目されます。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!