新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

世界中の権力者たちが続々と来日、即位礼正殿の儀に参列へ!東京は最高レベルの厳戒態勢に!皇居近くで事故も


本日10月22日に東京の皇居で「即位の礼」の中心儀式「即位礼正殿(せいでん)の儀」が行われます。

21日から各国の代表らが続々と東京に集結しており、東京には2万6000人の警察官が動員されて異例の厳戒態勢となりました。主要な道路の一部では車両検閲も行われているほどで、儀式が終わるまでこの状態が続く見通しです。
アメリカのベルギーのフィリップ国王やブータンのワンチュク国王、ナコのアルベール2世公、バチカンのモンテリーズィ枢機卿、トーゴのニャシンベ大統領、カンボジアのシハモニ国王らが空港で確認され、テレビでも大々的に報道していました。

一方で、早朝に皇居の近くで車両のタイヤがバーストし、その影響で大型車両が燃えたことで皇居周辺が一時騒然となっています。安倍晋三首相も今日ばかりは緊張した表情で、儀式への出席に向けて準備を急いでいるところです。

 

海外要人、続々来日=「即位礼正殿の儀」に参列
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191021-00000130-jij-soci

「即位礼正殿の儀」を翌日に控えた21日、海外から参列する国家元首らが続々と羽田、成田両空港に到着した。
ベルギーのフィリップ国王は王妃と共に午後4時ごろ成田空港内の通路に姿を見せた。王妃は待ち構えていた報道陣に笑顔で手を振った。

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!