新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【驚愕】暴力団幹部殺害事件、米軍のM16自動小銃が使用される!アメリカでも所持規制の銃 市街地で30発近く


11月27日に兵庫県尼崎市の路上で、指定暴力団・神戸山口組系の暴力団幹部が銃で撃たれて死亡する事件が発生しました。

殺害されたのは指定暴力団神戸山口組の古川恵一氏(59)です。山口組の分裂騒動の一環で発生した抗争事件だと見られ、犯人の朝比奈久徳容疑者は、犯行後に追尾していた警察官によって現行犯逮捕されました。

この事件で驚くべきは使われた銃の種類で、押収された銃はアメリカ軍が使用していたM16アサルトライフルの改良型だと報じられています。M16アサルトライフルは米軍が主力武器の一つとして使っているフルオート式の自動小銃で、連射が可能なタイプはアメリカ本土ですら、軍以外への持ち出しは規制対象となっているほどです。

その銃が日本の市街地で使われたわけで、単なる銃撃事件とは比べ物にならないほどの衝撃だと言えるでしょう。
逮捕された朝比奈容疑者は「全部1人でやった。30発くらい撃った」などと供述しており、少なくとも30発くらいは撃ったとしています。

正規軍が使う銃が日本の暴力団に流出した経緯を含めて、徹底した解明調査が必要不可欠です。

 

暴力団幹部殺害事件 米軍のM16改良型 自動小銃が使われたか
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191128/k10012194841000.html?utm_int=all_side_ranking-social_005

27日兵庫県尼崎市で、指定暴力団・神戸山口組系の暴力団幹部が銃で撃たれて死亡した事件では、逮捕された容疑者の男が自動小銃を持っていて、この銃が使われたとみられています。
男が取り押さえられた現場で撮影された自動小銃の写真を複数の専門家に分析してもらったところ、銃はアメリカ軍が使用していたM16の改良型のタイプの可能性が高いということです。

逮捕の男「30発くらい撃った」 神戸山口組幹部射殺事件
https://www.sankei.com/west/news/191128/wst1911280013-n1.html

 兵庫県尼崎市の路上で指定暴力団神戸山口組の古川恵一幹部(59)が射殺された事件で、銃を所持していたとして京都府警に現行犯逮捕された男が調べに対し「全部1人でやった。30発くらい撃った」と銃撃を認める供述をしていることが28日、捜査関係者への取材で分かった。事件は山口組と神戸山口組の対立抗争の一環とみられ、兵庫県警はこの男が事件に関与したとみて殺人容疑でも捜査を進める。


 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!