ヘッドライン

iPS細胞の備蓄事業に支援打ち切り伝達!内閣官房担当者が京都大学に!山中教授らは猛反発するも・・・


世界中で研究競争が過熱しているiPS細胞(人工多能性幹細胞)の備蓄事業を行っている京都大学に対し、政府の担当者が支援打ち切りを伝達したことが分かりました。

報道記事によると、今年の夏頃に内閣官房の担当者が、京都大学に国からの支援打ち切りを伝達したとのことです。
この支援打ち切りに山中教授は強く反発しており、国会議員らに支援を訴えていました。自民党調査会は予算の段階的な削減にとどめる方針を決議していますが、支援の縮小方針は変わってないです。

山中教授は世界で初めてiPS細胞を開発し、2012年にはノーベル医学生理学賞を受賞しました。iPS細胞で世界の再生医療に劇的な変化が訪れ、今では世界中で激しい研究競争が行われています。
それだけにここで政府が支援を縮小すると、一気に日本の研究が遅れてしまう恐れがあり、山中教授もその点を強く指摘していました。

 

iPS備蓄、支援打ち切り伝達 内閣官房担当者、山中教授に
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191201-00000046-jij-soci 

人工多能性幹細胞(iPS細胞)の備蓄事業を進める京都大に対し、内閣官房の担当者が来年度から国による支援を打ち切る可能性を伝えていたことが1日、関係者への取材で分かった。
国は2022年度までの支援を予定していたが、方針が転換された形で、事業の責任者を務める京大の山中伸弥教授は支援の継続を訴えている。

 

続きを読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  情報速報ドットコムの最新記事が届きます! /

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next

ヘッドライン

   

長文コメントや過度な誹謗中傷は他の方に迷惑なので控えるようにしてください。貼り付けコメントやスパムは削除致します。*コメント承認制で反映が遅いですがよろしくおねがいします。

コメントの投稿

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 匿名 より:

    サクラを見る会に使った金、戻せや。クソ安倍。

  • 匿名 より:

    アメリカ様の指令だろ

  • 匿名 より:

    裏には必ずアメリカ様。
    日本はアメリカの植民地、政府はアメリカの命令には逆らえない(逆らえば失脚従えば長期政権確約)結果、長期政権下では常に売国政策が行われていた。 日本国&日本国民は確実に衰退している、民主主義国家でもなく先進国家でも無いのが現実の日本国家の姿である。
    売国メディアの洗脳に完全に踊らされている従順な庶民国民。

  • 匿名 より:

    山中先生はマラソンに参加してまで、研究費の調達を努力してきたのにね。
    研究スタッフの行く末も(非常勤だから)心配していらした。
    これがアメリカならば、いろんな所からたくさんの研究費が付いて、カネの心配なんかしなくて済むのに・・・
    アメリカなら・・・
    あ、そうか!
    アメリカ様に献上するつもりか。
    売国奴アヘの考えそうなことだ。

  • 匿名 より:

    安倍政権がアメリカに渡すのではないか

  • 匿名 より:

    売国政治ここに極まれりだろう。

    日本がアメリカより進んで先端技術を実用に結びつける研究はさせないのである。

    ジャパンアズナンバーワンと呼ばれていた、おおよそ30年前の日本を忌み嫌った欧米金融資本の意向にべったりな売国政権。

    消費税増税と同じく、日本を貶める政策を奴らから授かり、着実に実行する売国党自民党政権のなせる業である。

  • 匿名 より:

    外国人研究者が多い沖縄科学技術大学にはなぜか多額な予算を出しているのに

  • 匿名 より:

    クラウドファンティングだっけ?してください。、少額だけど精一杯出します。

  • 匿名 より:

    備蓄事業自体が途方もないし、計画を変更せざるを得ない状況だったので、備蓄事業としては打ち切りは仕方無い。
    iPS細胞の可能性から考えれば、別の事業で提案すれば通ると思う。

  • 匿名 より:

    100%アメリカ様だよ
    先月iPS細胞関連の研究者が足りない日本は協力しろ
    日米FTAの医療のとこにも書かれてるし
    これが保守ですか?バカウヨども

  • 匿名 より:

    もう既にアメリカ資本に売り渡す計画ができているのでは?
    なんせ、日本という国、その国民、その技術よりトランプ様が上に来ているからなあ・・・。
    新しい事をやろうとする研究者や事業者は、どんどん海外に出て行ってしまうよ。
    日本を潰す男、それはアベなり。

  • 匿名 より:

    反社は接待しても日本の未来は殺す

  • 匿名 より:

    日本への愛国心的なもの育てる事を否定するのであれば、愛国心がない行動は仕方無いのでは…
    自己優先的判断は集団心理(軍国主義)からの脱却。
    政治家が率先してやってるから面白いが…

  • 匿名 より:

    安倍は只のパペットですよ。

  • 匿名 より:

    打ち切りの理由は何なんだろう。
     
    もしただの経費削減なんだったら、クラウドファンディングすればいいよ。
    「国からの支援が打ち切られましたので、どうか」といえば。
    海外からも支援を受ければいい。
    リターンは献血みたいに、将来実用化された際にiPS細胞を使った治療が安く受けられる。
    それなりに集まるだろうし、たぶんこの事例なら、首里みたいにリターンを求めない寄附もくる。
    なにより、日本の文部科学行政のおかしさが周知される。

  • 匿名 より:

    これも政府のプライマリーバランス黒字化を目指すための緊縮財政の一環だろう
    目先のコスト削減のために将来的な国益を損なう
    緊縮財政はいつもそんな問題を生み出してきた
    その京都大学には緊縮財政とは対極の積極財政派の元内閣官房参与の教授がいるのは皮肉なことだが

  • 匿名 より:

    間違いなくアメリカに権利を譲るためでしょうや

  • 匿名 より:

    〉打ち切りの理由は何なんだろう。
    事業性(採算性)が無いから。
    別の研究に切り替えようぜ、って国が言ってるけど、山中さんは計画通りにしてほしい、と訴えてる。
    備蓄は難しいんじゃないか。

  • 匿名 より:

    もう山中教授、加計学園に移ればいいよ。オウムサリン事件の発端となった論文を書いた杜祖健(Anthony Tu)がいた千葉科学大学とかいいんじゃないか。
    加計じゃないけど、萩生田文科相の肝煎りで認可が時間の問題なハッピー・サイエンス・ユニバーシティ(幸福の科学大学)でもきっと優遇してもらえるよ!

あわせて読みたい

  • home
  • before
  • next