新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

フィリピン政府が「訪問米軍に関する地位協定」を破棄!米国のビザ発給拒否で報復措置

フィリピン大統領
フィリピン政府が「訪問米軍に関する地位協定」を破棄しました。
この協定はフィリピンにおけるアメリカ軍の法的な地位を定めた協定で、日本における日米地位協定と同じような内容になっています。

キッカケは麻薬戦争を指揮したデラロサ議員のビザ発給をアメリカが拒否したからです。麻薬戦争において非人道的な行為を行っていたことから、それが欧米諸国に批判され、ビザ発給の拒否に繋がっていました。

ただ、デラロサ議員はドゥテルテ大統領と親しい関係にあり、友人のビザ発給を止められたことにドゥテルテ大統領が激怒。報復措置としてアメリカとの「訪問米軍に関する地位協定」を破棄すら流れです。協定は破棄通告から180日後に破棄される見通しで、アジアにおける安全保障政策にも大きな影響が出るかもしれません。

 

フィリピン政府 派遣米軍の法的地位に関する協定 破棄を通告
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200211/k10012281331000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

フィリピン政府は、フィリピンに派遣されるアメリカ軍の法的な地位に関する協定を破棄するとアメリカ側に通告しました。南シナ海に進出する中国をけん制する形で続いてきた、両国の軍事演習などに影響が出るのは避けられないとみられます。
フィリピンの大統領府は11日、フィリピン国内に派遣されるアメリカ軍の法的な地位に関する協定を破棄すると、文書でアメリカ政府に通告したことを明らかにしました。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!