新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

政府が新型コロナ対策の基本方針を決定 「全国一律のイベント自粛要請は行わない」「学校休校は都道府県で」

*首相官邸
2月25日に政府が新型コロナウイルス対策の基本方針を決定しました。

政府は基本方針の中で、イベントの開催は現全国一律の自粛要請は行わないとして、あくまでも感染状況に応じて個別対応を検討するとしています。仮に感染が疑われる場合、まずは自宅療養を行い、企業にも発熱などの症状がみられる従業員への休暇の取得やテレワークの推進などを呼び掛けると表明。

現在の状況について、「国内の複数地域で感染経路が明らかではない患者が散発的に発生し、一部地域には小規模な集団感染が把握されている状態だ」とまとめ、患者数が大幅に増えた地域を対象に、重症化した患者向けの医療体制を確保するとしていました。

また、診療時間や動線を区分するなどの対策を講じた上で、一般の医療機関でも患者を受け入れる方向で調整するとしています。
学校の臨時休校などは各自治体の判断に委ねるとして、適切に実施するよう都道府県から要請するとしていました。

NHKが報道した政府基本方針をまとめると、イベント開催は状況に応じて政府が自粛要請、感染が疑われる方は自宅療養推奨、企業にテレワーク推奨、医療体制の拡充、一般医療期間での患者受け入れ、学校や公共機関閉鎖は必要に応じて各自治体が判断となっています。

全体的に曖昧な部分がかなり多い基本方針だと言え、全国一律のイベント自粛要請や交通機関の閉鎖などが無い時点で、諸外国と比べて非常に弱い内容です。

やはり、経済面での影響を恐れているようで、経済に悪影響を及ぼすような踏み込んだ感染症対策には踏み込めてない印象が強いと言えるでしょう。
内容的にも周回遅れであり、逆にこの基本方針で今の政府が頼れないことを証明してしまったと見ることもできそうです。

 

新型コロナウイルス 政府 対策基本方針を決定
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200225/k10012300241000.html

新型コロナウイルスの感染の拡大に備え、政府は、患者数が大幅に増えた地域では、重症者向けの医療体制を確保するため、症状が軽い人には自宅療養を求めるなどとした対策の基本方針を決定しました。

Jリーグ杯 あすの試合延期 3月15日までの公式戦延期も検討
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200225/k10012300261000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

サッカーJリーグは新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、26日のJリーグカップの試合を延期することを決めました。そのうえで、来月前半に予定されているJ1からJ3までのリーグ戦などのすべての公式戦について25日の理事会で延期を検討するということです。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!