新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

愛知県で検査ミス、陽性反応の28人中24人が感染なし 検査中に陽性の検体が飛散 

愛知県で新型コロナウイルスの検査ミスがあり、本来は陰性だった24人を間違って陽性反応と発表していたことが判明しました。

愛知県は4月11日に発表した新型コロナウイルスの感染報告について、当初発表した27人は誤りで、実際には4人だったと訂正。

NHKの記事によると、検査結果の発表後に保健所から「検体がすべて陽性になったのはおかしいのではないか」との指摘があり、県が再調査したところ、検査の不備が発覚したとのことです。
検査ミスが発生した原因は検査で遺伝子を抽出する時に陽性の人の検体が飛散したことから、それがほかの検体を汚染したと見られています。

愛知県の公式ホームページでも12日付で修正発表があり、実際には感染していなかった6人が感染者と同じ医療機関に入院していましたが、急いで元の状態に戻されました。
ウイルス検査は非常に難しい作業で、検査時の遺伝子抽出はちょっとしたミスが今回のような事故に繋がります。

日本だと検査員の不足問題も深刻だと言え、国がもっと検査員を増やさなければ、同じようなトラブルは今後も起きそうです。

 

【訂正】新型コロナウイルス感染症患者の発生について
https://www.pref.aichi.jp/site/covid19-aichi/pressrelease-ncov2004112.html

4月11日(土曜日)発表の新型コロナウイルス感染症患者の発生について、PCR検査結果の誤りが判明しましたので訂正します。
新たに以下のとおり【誤】27名→【正】4名が新型コロナウイルス感染症患者であることが判明しました。
今後、県として濃厚接触者の把握を含めた積極的疫学調査、健康観察等を実施するとともに、県民の皆様への周知・啓発に引き続き努めていきます。
【誤】新型コロナウイルス感染症患者(県内318~344例目)

愛知県 11日に感染確認と発表の24人 実際には感染なし
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200412/k10012383491000.html?utm_int=all_side_ranking-social_003

愛知県は、新型コロナウイルスへの感染が確認されたと11日に発表した28人のうち、死亡した1人を含む合わせて24人が実際には感染していなかったことが分かったと12日夜に発表しました。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!