新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

【速報】アメリカ雇用統計、非農業の雇用者数がマイナス2050万人に!失業率は14.7%


5月8日に2020年4月分のアメリカ雇用統計が発表され、記録的なマイナスになっていることが分かりました。

非農業部門雇用者数はマイナス2050万人となり、レジャーや飲食店を中心に世界大恐慌並みの失業者が発生。失業率も14.7%に跳ね上がっている状態で、今の時点で2008年にあったリーマンショックの1年間分を超える数値となっています。

当初の予想がマイナス2200万人だったことから、市場予想よりは良かったとして相場はあまり大きく動いていませんが、それでも記録的なマイナスであることに変わりはなく、今後の金融経済や世界情勢に暗い影を落とすことになりそうです。

 

4月の米雇用、戦後最悪の2200万人減の予想-10年分の雇用増帳消しか
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-05-08/Q9ZPSHDWX2Q301

8日公表の米雇用統計では、4月の非農業部門雇用者数は前月比約2200万人減少したと予想されている。新型コロナウイルス感染拡大の防止で米国の経済活動が休止された中、10年間にわたる雇用増加がわずか1カ月でほぼ帳消しになる計算だ。
これは2007年から09年のリセッション(景気後退)での最大の減少幅の27倍。また、第2次大戦終結で動員が解除された1945年9月に記録した過去最大の落ち込みに比べて約11倍だ。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!