新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

東京都知事選が公示!コロナ対策が主な争点に!各地で第一声、史上最多の立候補者数


*山本太郎氏
6月18日に東京都知事選が公示されました。
今回の都知事選には史上最多となる22人が立候補を表明しており、各地で候補者らが第一声の街頭演説を行っています。

れいわ新選組の山本太郎代表は新宿駅前で街頭演説を行い、小池都知事のコロナ対策は問題だらけだと指摘し、「全国の知事と力を合わせて、コロナウイルスを災害指定するべきだ」と述べ、大規模な経済出動を行って生活に苦しんでいる人たちを助ける必要があると語っていました。

野党各党から支援を受けている宇都宮健児氏も、都民の生活と健康を守るために貧しい人々を主体とした行政支援を行うべきだと演説。

現職の小池百合子氏は東京大改革2.0を掲げ、これから今まで以上に都政の抜本的な改革を進め、都政の無駄を無くして住民の暮らしを安定させるとしていました。
他にも維新が推薦している前熊本県副知事の小野泰輔氏、NHKから国民を守る党の立花孝志氏、日本第一党の桜井誠氏らが出馬を表明しており、各地で街頭演説をしています。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!