新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

A型は新型コロナウイルスで重症化のリスク大と報告 45%増 O型は35%低い可能性も


新型コロナウイルスに感染した患者の血液を調べたところ、A型の患者で重症化する確率が高いとの研究結果が発表されました。
この調査を行ったのはオスロ大学病院(ノルウェー)の研究チームです。

調査対象となったのはヨーロッパを中心とした感染者約4000人で、血液型がA型だった患者だと重症化するリスクが45%も高いとまとめられています。現時点で詳しい要因は不明とされていますが、別の血液型でも変化が見られ、O型だと逆に35%ほど重症化率が低くなっていました。

今回の研究はヨーロッパがメインとなっていることから、それ以外の地域や国の感染状況も調べる必要があり、血液型と重症化率の関連性については確定したわけではありません。

新型コロナウイルスの特性を知るための手掛かりになりそうな情報で、今後も範囲を広げて調査してほしいと言えるでしょう。

 

Genomewide Association Study of Severe Covid-19 with Respiratory Failure
https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa2020283?source=nejmtwitter&medium=organic-social

新型コロナ感染、血液A型は重症化リスク高い可能性=研究
https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-genes-idJPKBN23P3FY?feedType=RSS&feedName=special20

[18日 ロイター] – 新型コロナウイルスへの感染や症状の重度が患者の血液型や遺伝因子に関係する可能性が、18日公表された研究結果で示された。A型では新型コロナ感染リスクだけでなく、症状が重症化するリスクも高いという。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!