新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

北海道の小樽市で新たに14人感染、大半がカラオケ店の利用者!市内感染が計33人に!


小樽市
北海道の小樽市で新たに14人の感染者が確認されました。

小樽市によると、感染が確認されたのは花園地区にあるカラオケ店やスナックを利用した14人の男女で、市はこのエリアでクラスター感染が発生したと認定し、昼間のカラオケの営業自粛を要請したとのことです。
感染者の年代は60代~80代で、半数は無症状だったと報告されています。

濃厚接触者に関しては現在調査中で、数字によっては更に感染者が増大することになりそうです。

これで小樽市の感染者数は計33人となり、緊急事態宣言の解除後で最多の感染者が報告されたことに、住民からも戸惑いの声が相次いでいました。

北海道の感染者数はしばらく落ち着いていましたが、水面下に感染状態で活動していた市民が多数居たのだと思われます。

 

新型コロナウイルス感染症の市内発生状況(6月28日時点)
https://www.city.otaru.lg.jp/2019-nCoV/COVID-19/

北海道 小樽で14人感染 “昼カラ”の営業自粛要請 新型コロナ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200628/k10012486991000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

北海道内では新たに小樽市で昼間のカラオケを利用した14人が新型コロナウイルスに感染したことが確認され、市は昼間のカラオケの営業自粛を要請しました。
28 日は道内で17人の感染が確認され、緊急事態宣言が解除されから最も多くなりました。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!