新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

安倍首相の体調不良説、真偽はどっち?世間への同情作戦か 甘利明氏が懸念 「休んでもらいたい」


*官邸
安倍晋三首相の体調不良説が永田町で飛び交っています。

自民党の甘利明税制調査会長は16日にフジテレビのテレビ番組に出演し、「ちょっと休んでもらいたい。責任感が強く、自分が休むことは罪だとの意識まで持っている」とコメント。
この発言は共同通信が取り上げ、ツイッターでトレンド入りするほど物議を醸しています。

安倍首相の体調不良説は1~2ヶ月ほど前から浮上していますが、真実かどうかは分かっていません。
広島や長崎の平和記念式典で安倍首相がメディアの質問時間を大幅に制限したことが、体調不良の証拠とも言われていますが、支持率の低迷や新型コロナウイルス対策への批判で、単純に世論への同情作戦をしているだけとも考えられます。

仮に安倍首相が体調不良で辞任となった場合、自動的にナンバーツーの麻生太郎副総理が代理の総理大臣となりそうです。

 

甘利氏、安倍首相を「休ませて」 コロナ対応で疲労蓄積を心配
https://this.kiji.is/667549412599268449?c=39550187727945729

自民党の甘利明税制調査会長は16日のフジテレビ番組で、新型コロナウイルス対応のため、連続勤務となっている安倍晋三首相の疲労蓄積を心配した。「ちょっと休んでもらいたい。責任感が強く、自分が休むことは罪だとの意識まで持っている」と述べた。甘利氏は首相側近。12日に1時間近く2人で会談している。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!