新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

日本のPCR検査数、8月と比べて減少!感染者数が過去最多なのに検査増加せず 野党「これでは感染封じ込めなど出来ない」


政府が実施している新型コロナウイルスのPCR検査数が減少していたことが分かりました。

11月12日と13日に連続で過去最多の感染者数を更新しましたが、PCR検査実施数は8月9日をピークにして、ジワジワと数字が減少しています。
厚生労働省によると、11月12日のPCR検査実施人数は2万9912件で、8月14日の5万5240人と比べて4割も検査数が減っているとのことです。

つまり、検査数が減っているのに新型コロナウイルスの感染者数が8月よりも増えているということになり、単純な比較で8月以上の感染爆発が現在進行系で発生していると言えるでしょう。

この危機的な状況に共産党の志位委員長は「これでは感染封じ込めなどできない」「『大規模・地域集中的検査』『社会的検査』を政府の大方針に据え推進を」とコメントし、政府に新型コロナウイルスの検査数を増やすように求めています。
日本以外の先進国だと1日10万件以上の検査をするのは当たり前で、他国と比べても日本の検査体制は異常です。

 

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!