新型コロナウイルス、政治、経済、地震、放射能、災害などを中心に様々な情報を提供しているサイトです!

新型コロナウイルスの感染者、122人が自宅などで死亡 容体が急変するケースが多発 警視庁


新型コロナウイルスの感染者が自宅で亡くなるケースが多発しています。

NHKの記事によると、警察の統計調査で新型コロナウイルスの感染後に自宅で体調が急に悪化して亡くなった人が少なくとも122人に上ることが判明したとのことです。
先月だけで56人と急増し、その内の50人が自宅と宿泊施設での死亡報告だと発表されています。

その多くは新型コロナウイルスの感染者として療養している最中で、医療機関が受け入れる余裕も無く、亡くなっていることが多いと報じられていました。

東京都だと救急車で搬送途中に死亡した事例が3件も報告されていますが、このように新型コロナウイルスは健康な人でも突然に亡くなるのが非常に怖いと言えるでしょう。
中国やヨーロッパなどの国々でも同じような突然死の報告は複数見られ、新型コロナウイルスの能力として突然死を誘発する力があるのだと思われます。

このようなことを前提として医療体制を見直す必要があり、日本政府が主導して対策強化をしなければ、犠牲が増え続けることになりそうです。

 

コロナ感染後 自宅で体調急変などして死亡 全国で122人 警察庁
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210106/k10012798701000.html

新型コロナウイルスに感染したあと、自宅で体調が急に悪化するなどして亡くなった人が全国で少なくとも122人に上ることがわかりました。特に、先月以降容体が急変するケースが相次いでいて、専門家は「症状に応じてすみやかに病院で治療を受けられる体制作りが必要だ」と指摘しています。

 

情報速報ドットコムの最新記事が届きます!